夫婦問題、家事する夫のここがイヤ!

3

2020年10月16日 11:11  ノーツマルシェ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ノーツマルシェ

夫婦の悩み相談で、大きなウェイトを占めているのが「家事・育児問題」です。料理、洗濯、掃除…。お子さんがいる家庭は子どもの世話…と、家の仕事は毎日やることがたくさん!


「家事も育児もする夫」、大歓迎ですよね! ですが、そんな夫を歓迎する妻ばかりではないようで、夫婦関係・離婚カウンセラーの筆者のところには不満の声も届いています。


 


■ グルメ夫は、冷蔵庫の中も管理


「夫はもともと食べ物にはうるさいグルメ派です。なので、買い出しも調理も夫が担当」というAさん宅のケースでは、「レシピ通りに作るので、高い食材を平気で買ってくるし、調味料もすべて揃えるし、家計を圧迫して困ってます」とのこと。


ほかにも、こんな声が。「たまに私が作った料理も不満そうな顔。せっかく作ったのに、注文つけたり文句を言ってきたりして気分悪いです」「冷蔵庫に入っているものは夫が管理しているので、私や子どもが自由に使うことができません」「男の料理という感じで、ダイナミックにたくさん作るんです。量が多くて食べきれないし、シンク周りが散らかって、その後がたいへん!」


 


■ キレイ好きすぎる夫、育児に口うるさい夫も


掃除に関しては、「夫はキレイ好きなので、何でもきちんとしてないとダメなんです」というBさん宅。「ものの置き場所とか、ゴミの捨て方とか細かくて…。私はいつも緊張状態です」


育児について悩むCさんは、「細かいことにもよく気づいて、すぐにやってくれるのでありがたいし、感謝しています。でも、育児書通りにやらないと気がすまないらしく、私にも強要するんです」とのこと。


「夫が何でも器用にこなすので、なんだか自分がダメな妻のように感じてしまう」と引け目や負い目を感じてしまう妻もいるようです。


 


■ 家事ルール、カウンセラーを交えての話し合いも検討を


人はつい、ないものねだりをしてしまいますが、家事育児をする夫も、いいことばかりではないんですね。もし、不満や息苦しさを感じていたら、どうすれば楽しく穏やかな生活が送れるか、二人で今一度振り返ってみてください。


せっかく二人が一緒になってスタートした結婚生活です。ありがたいと思えることについては、きちんと感謝の言葉を。そして、希望や要望があるのなら、話し合いの場を設けて二人が納得する家事のルールを決めましょう。


夫婦だけでの話し合いが難しいときは、カウンセラーを交えて話しあうことも視野にいれてみてください。


[執筆:渡辺 里佳(夫婦関係・離婚カウンセラー)]


※写真:PIXTA、本文とは関係ありません


このニュースに関するつぶやき

  • 要は「自分の思い通りにしたいだけ」。何をどうやっても文句を垂れる。mixiでも「良い夫」の内容は「何でもやってくれる」だもんなw「男女逆は有り得ない」。それではしゃいでたのが、後に鬱になった例を知ってるが(呆
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • 要は「自分の思い通りにしたいだけ」。何をどうやっても文句を垂れる。mixiでも「良い夫」の内容は「何でもやってくれる」だもんなw「男女逆は有り得ない」。それではしゃいでたのが、後に鬱になった例を知ってるが(呆
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定