副業を本業にしたけれど、コロナ禍で大誤算!自称フリーライター女子の困窮〜その1〜

1

2020年10月18日 12:40  Suits-woman.jp

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Suits-woman.jp

写真写真

新型コロナウイルスによる社会全般の変化、これによって人々は多かれ少なかれ影響を受けています。仕事がなくなった、人生計画の変更を余儀なくされた、実家に帰れない……悩みの種類はそれぞれですが、なかでもお金にまつわる悩みを抱えるアラサー女子に取材を試みました。

工場勤務からライターへ

塩田かな恵さん(仮名・34歳)は来月のカードの請求額が10万を超え、払える目途が立たずに困っているようです。来月振り込まれる予定のお給料は5万。それなのにリボ払いの総額が100万円だったりと、たいへん厳しい生活を送っています。

何のお仕事をされているか尋ねると、フリーでライターをしているとのこと。それにしてはお給料が少なさすぎる気もしますが……どうやら今回のコロナ禍により、仕事がなくなってしまったそうです。

「あまりライティングの仕事には影響がないかなと思っていたのですが、とんだ間違いでした。“コロナの影響を受けたので、契約を終了します”みたいなメールが送られてきました。ちょうど緊急事態宣言真っ只中あたりの話です」

ライターはコロナとあまり関係がないと思われがちですが、意外とクライアントによっては打撃を受けていることが多いそう。そこから経費を削減するために、業務委託の人間は切られてしまうのです。

「私はウェブ記事を書いているのですが、ウェブ関係の仕事はコロナと無縁のように思えました。けど、とんだ間違いでしたね」

元々かな恵さんは、どんな記事を書かれていたのでしょうか?内容を詳しく聞こうとしますが、「ブログ記事とか」「まぁ色々です」と濁されてしまい、ハッキリとは答えてくれません。

「もう本当に生活が厳しいです。このままではライターを廃業しなきゃならない。せっかく(ライターに)なったんだから、もう少し頑張らなきゃと思って仕事を探したけど、全然見つかりません」

ライターになる前は食品工場で働いていたと言います。工場勤務からライターという異業種への転職、なぜそうしようと思ったのでしょうか?

「前の職場は3社目だったのですが、大学卒業はずっと工場勤務。名前の全く通らないFラン大学だったし、資格も何もないから就職先が見つからなかったんです。特別なスキルも持っていなくて。パソコンもあんまり触れないから事務にも転職できない。だから工場にこだわり続けて、転々としていました」

しかし年齢を重ねると共に、労働量の多い仕事は体力的に厳しくなっていくもの。かな恵さんは最後の工場では日勤と夜勤を繰り返し、勤務中にぎっくり腰を起こしてしまったのです。

「それが工場勤務を辞めようと思ったきっかけ。その時は32歳で、もう体力が20代の時とは違うと実感しましたね……。昔からぎっくり腰は二回ほどやらかしていたので、これを機に座ってできる仕事を考えたんです。その時、ふとフリーランスのライターが思い浮かびました。まずはクラウドソーシングに登録し、副業として挑戦してみたんです」

文章で月10万円稼ぐ

文字単価は決して高いものではありませんでしたが、文章を書くことは楽しかったのだとか。そこから調子が上がり、 月10万を副業で稼ぐことに成功したのです。

「単価が安いから10万稼ぐことさえ地獄でしたが(笑)、達成感はありました。昔から作文や物語とかを書くことは好きだったから、もしかすると天職かな〜とさえ感じたんです。副業を始めてから、毎日毎日ベルトコンベアーに流れてくる食品を仕分けする日々が、バカみたいに思えましたね。パソコン一つで収入を得られることに、最初は高揚感を覚えていました。今まで肉体労働以外の稼ぎ方を、知らなかったので」

副業と両立する生活は、四か月を突破。かな恵さん自身も副業が楽しくなり、仕事をして、家に帰ってまた仕事……という日々を繰り返します。稼ぎも安定してきたところで、更に仕事を増やすべく奮闘したそう。しかしそんな彼女の前に、またも体調面の問題が発生し……

「どこかの本に“まず副業は10万を稼ぎ、安定させることが大切”と書いてあったんです。これを機にもっと頑張るぞ!と本腰を入れ始めた途端、またぎっくり腰をやらかしてしまったんです。一度発症した時からクセになっていたみたいですが、シフトに穴は空けるし、職場の人から“またなの?”と言われてしまった。もう体にもガタがきていたので、ライターで食べていく意思を固めて退職したのです」

退職届を出したら、あっさりと受理されたのだとか。見事フリーライターへと転身し、10万円稼いだ時と同じように記事を大量執筆する日々が続きます。そこから収入は上がったとのことですが、それなら今頃お金には困っていないはず。

その部分を指摘すると、かな恵さんは気まずそうな表情を浮かべながら「でも、月20万稼いだことはないんです」とポツリ。文字単価や記事単価が低すぎて、書いても書いてもお金にならない日々が続いたと真実を明かしました。

「ずっとクラウドソーシングで仕事を取っていたのですが、一文字0.3円とか、0.5円とかそんなのばっかり。もっと酷いのは一記事500円とかいうふざけた単価を設定してくるクライアントもありました。けど、それを頑張っていればいつか報われると思っていたんです」

一文字0.3円×2000文字で600円……。

10万円を稼いだ経験から、ほとんど勢いで退職してしまったかな恵さん。単価が上がらず、書いても書いても稼げないライターとなってしまい……〜その2〜へ続きます。

このニュースに関するつぶやき

  • 雑誌からときどき依頼もらって記事書くことはあるけど、これで飯食っていくのは無理だと思ってるよ。最低でも人気連載抱えるぐらいにならないと無理だね〜。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定