なぜ体罰なくならない? 柔道技の教諭、研修の後すぐに

51

2020年10月18日 15:12  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真会見で謝罪する宝塚市の森恵実子教育長(右から2人目)ら=宝塚市役所
会見で謝罪する宝塚市の森恵実子教育長(右から2人目)ら=宝塚市役所

 兵庫県の宝塚市立中学校で、1年生2人に柔道技で重軽傷を負わせたとして、顧問の男性教諭が傷害容疑で逮捕された。生徒の1人は失神した後も暴行を続けられ、背骨を折る重傷。この教諭は過去にも体罰で処分されていた。学校での「体罰」に厳しい目が向けられる中、なぜこのようなことが起きるのか。(石村裕輔、後藤遼太)


■失神するとほおをたたいて


 逮捕されたのは宝塚市立長尾中学校教諭の上野宝博容疑者(50)。逮捕後に会見した市教育委員会や宝塚署によると、9月25日、道場の冷凍庫にあった差し入れのアイスキャンディーが減っていることに気づいた上野容疑者が部員らを問いただし、2人が食べたことを認めたところ、暴行を始めた。


 まず生徒の1人に投げ技や寝技を繰り返した。生徒は「アイスを食べてごめんなさい」と3度謝ったが、「今ごろ言っても許さん」と暴行を続けた。生徒が途中、絞め技で失神するとほおをたたいて目を覚まさせ、さらに技をかけたという。この生徒は背骨を圧迫骨折する重傷だった。


 さらに仮入部のもう1人の生徒には、嫌がるのを無理にめがねを外させ、寝技を繰り返して首などに軽傷を負わせた。


■頭突きで骨折させ、減給処分も


 学校側は保護者からの連絡で体罰事案を認知。上野容疑者は当初「きつめの指導をした」と説明していたという。


 市教委によると、上野容疑者は別の中学にいた2013年2月、生徒をたたくなど2件の体罰で訓告処分を受けた。その約4カ月後、生徒の態度に腹を立て頭突きをして鼻骨を折り、減給の懲戒処分となった。


 長尾中学には16年に赴任したが、昨年度から同中に勤務する田中誠校長は「体罰的なことは一切聞いてない。生徒に対してこまかな接し方ができる先生だった」と話す。それでも事件は起きた。市教委幹部は会見で、体罰を繰り返した教員が部活動の顧問についていたことは「反省するべきだ」と話した。


続きはこちら

このニュースに関するつぶやき

  • これ体罰以前に完璧に暴行傷害。懲戒免職=免許取り上げは当然として、刑事と民事両方で、自殺するまで締め上げてやればいいんだよ、こんな糞は(ノ-_-)ノ~┻━┻
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 一つ言っておくけど、いかなる場合も体罰派認められてねえから。時と場合とか、一切関係ない。絶対ダメ。ただし、懲戒は場合によって有り。法律の話だからね。
    • イイネ!18
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(44件)

ニュース設定