中島健人の「だっこ米」に商品化希望の声殺到 その重さに驚くファンも

0

2020年10月19日 06:21  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

18日に放送された『林先生の初耳学!』(TBS系)で、Sexy Zone・中島健人の出生体重が明らかになり、その重さにファンからは驚く声が相次いでいる。

■あの芸能人の「だっこ米」を作成

徳島県にある米屋では、地元の人口と米の消費量が減少し、売り上げが毎年20%ずつダウンしていたそうだ。

しかし、生まれた赤ちゃんの体重と同じ重さの米を「だっこ米」と命名しプレゼント用として販売した所、5年で1億2,800万円を売り上げ、全国各地から注文が殺到するように。番組では、中島とハライチ・澤部佑の赤ちゃんの時の写真をプリントし、「だっこ米」を作成した。

関連記事:赤江珠緒アナ、新型コロナウイルスに家族全員が感染していた衝撃事実明かす

■林先生が可愛さにびっくり

3,000gの中島の「だっこ米」がお披露目され、「可愛い〜」という声が上がる中、林修先生は「人生ってこんなに早く勝負決まるの?」と、その可愛さに驚いている。

スタジオでは、emmaと岡本玲が中島の「だっこ米」を抱き上げることに。岡本は赤ちゃんの頃の中島を見て「すごいイケメン」と口にし、emmaは「あっ、軽いのかな」と、実際に中島が赤ちゃんだった頃の重みを体感した。

■体重がピッタリだったことに驚く声

中島の「だっこ米」がお披露目され、多くのファンからは「これ欲しい! 販売予定ありませんか?」「ケンティーのだっこ米欲しい!」と、商品化を希望する声が続出。

また、中島の出生体重がちょうど3,000gだったことに、「3,000gジャストなの、すご」「ケンティー3,000ピッタリだったの??」と、驚くファンが殺到した。

しかし、その一方で「個人情報だから内緒?」と、中島の出生体重が3,000gぴったりだったことに違和感を抱くファンも相次いだ。もしも商品化されれば、中島のだっこ米はすぐに売り切れてしまうに違いない。

・合わせて読みたい→市川猿之助、人生の転機になった「伯父とのある出来事」をメディア初告白

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

    ニュース設定