三戸なつめ、30代突入で「落ち着きたい」 ウィッグで“脱ぱっつん”清楚な黒髪スタイル

120

2020年10月19日 15:36  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真30代突入で「落ち着きたい」と語った三戸なつめ (C)ORICON NewS inc.
30代突入で「落ち着きたい」と語った三戸なつめ (C)ORICON NewS inc.
 モデル・女優の三戸なつめ(30)が19日、都内でオーダメイド医療用ウィッグサービス『natuwig MEDIC』の記者発表会にゲストとして参加。ウィッグをつけ、黒髪にセミロングという“新髪型”をお披露目した。

【動画】激変!清楚な黒髪ヘアで登場した三戸なつめ

 清楚な新スタイルで登場した三戸は「全然、違いますよね。今までは茶髪で、前髪も短いカジュアルな感じ。今回は女らしい、カッコいい感じにしてもらえてうれしいです」とご満悦。「三戸なつめに見えない。出てきた時に私って思わないですよね」と笑った。

 トレードマークはぱっつん前髪。こわだりを問われると「20代前半って、いかに前髪を短くするか(笑)。いかに短くしてファッションをかわいくできるかに挑戦をしていた」と振り返り、「今年で30代になりまして、ちょっと大人っぽくなろうと思って。けど、前髪は短いのが好き。前髪の短さで、どれだけ大人っぽい雰囲気にきるか。メイクやファッションでも変わる。前髪が短くても大人らしさ、女性らしさを出せるように研究しています」と笑顔で語った。

 イベント終了後に取材に応じた三戸はウィッグ姿について「やっぱ今まで目のところに前髪がある経験があまりなかった。変な感じがします」と照れ笑いしながら「鏡を見ていると若干、大人っぽい自分になれたのかなと思ってうれしいです」と喜んだ。前髪は短いか長いか、どちらが好きなのかという質問には「ウィッグを被っても、もうちょっと切ってもいいかなという気持ちになる」とし、30代でも「短くできたらいい」と短め前髪の継続宣言。ただ「ロングをやってみたい。前髪以外を伸ばし中なんです」と密かな野望も明かした。

 2月に誕生日を迎えて30歳に。変化については「20代のころって、おやつが主食だった。だんだん変わってきて、最近は野菜中心。むくみや肌荒れがなくなって全然、違う」と力説しながら「若いころから気をつけていれば…」とぽつりと後悔。30代でも「自分は自分らしくいたい」ときっぱり話す一方で「ディナーの時とかの大人のマナーを勉強してみたい。落ち着きたいです」と口にした。

 同サービスは抗がん剤治療や脱毛を伴う病気、先天性の理由により脱毛に悩む女性を対象に、スマホのフィッティングアプリでオーダメイドできる医療用のウィッグ。顔写真に合わせ、3種類のヘアスタイルから長さやボリュームなどが簡単に調節することができる。三戸は「髪の毛って女性にとって大事なもの。闘病中の方だったり、髪の毛に悩みがある方の悩みやストレスが改善できたり、前向きな気持ちになってもらえたらいいな」と呼びかけた。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 全く特徴無くなったな…
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • ヅラみたい。と思ったらヅラだった。
    • イイネ!50
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(87件)

ニュース設定