イクメン「嫌い」が7割超 衝撃的結果の背景から見えた“違和感”の正体

130

2020年10月19日 16:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真【図版】イクメンどう思う?
【図版】イクメンどう思う?
 10月19日は、10(トウサン=父さん)、19(イクジ=育児)の語呂合わせで、「イクメンの日」です。「イクメン」が新語・流行語大賞のトップ10入りを果たしてから10年。言葉は広まり、男性育児の推進にも一役買いましたが、朝日新聞が昨年実施したアンケートではイクメンという言葉について、7割超が「嫌い」と回答しました。その理由と背景から見えてきたものとは?

【図:男女の家事・育児時間の国際比較はこちら】

 朝日新聞が運営するwebメディア「withnews」や朝日新聞デジタルで人気の連載「#父親のモヤモヤ」を書籍化した朝日新書『妻に言えない夫の本音 仕事と子育てをめぐる葛藤の正体』の一部を抜粋、再編集して紹介します。

*  *  *
■イクメン「嫌い」が7割超

 なぜ、「イクメン」と呼ばれることに抵抗感があるのか?

 結論を急げば、モヤモヤがあるからこそ「イクメン」という言葉に拒否感が生まれます。「『イクメン』って、なんかヤダ」という感覚、いわば「『イクメン』ぎらい」です。

「イクメン」に対するモヤモヤを「見える化」するため、朝日新聞の紙面とウェブサイトを通じて、2019年9月〜10月、「『イクメン』という言葉について、どう感じますか?」というアンケートを行ったことがあります。

 1400超の回答がありました。その概要は、19年10月13日と20日の朝日新聞紙上(「フォーラム:『イクメン』どう思う?」)でも紹介しましたが、女性からの回答が55%、男性からの回答が41%、その他4%でした。

 結果は、「嫌い」(44%)、「どちらかといえば嫌い」(31%)が7割超を占めました。「好き」(2%)、「どちらかといえば好き」(5%)は1割未満。「どちらでもない」(18%)を考慮しても圧倒しています。

■「イクウーマン」なんて言葉は存在しない

 かつて、「イクメン」が脚光を浴びた時代は確かにありました。しかし、「イクメン」の誕生から10年、日本は「『イクメン』ぎらい」の社会になりました。取材班が感じていたモヤモヤは、やはり、自分たちだけのモノではなかったのです。

 アンケート回答の自由記述には、こんな言葉が並びました。まずは、女性が「イクメン」に感じているモヤモヤから。

「なぜ特別視されなければならないのか分からない。家事も育児もやって当たり前」(40代女性)、「『イクウーマン』なんて言葉は存在しない」(30代女性)、「育児は母親っていう固定観念が根底にある」(40代女性)

 女性に目立ったのは、こうした意見でした。育児や家事の大半を負担するのが女性という家庭は、まだまだ少なくありません。なぜ男性の子育てだけが持ち上げられるのかと憤るのは当然でしょう。そうした状況下、週末に子どもの相手をしただけで「イクメン」を気取られたらたまらない。そんな思いもあるでしょう。

■「両立疲れ」と「特別視への違和感」

 つづいて、男性が「イクメン」に感じているモヤモヤです。言い換えれば、「イクメン」と呼ばれたくない父親たちのモヤモヤです。

「仕事に縛られざるを得ない自分からすれば、家庭に対する義務感が際立つ、非常に迷惑な言葉」(30代男性)、「育児というものは、女性だけでなく男性も関わるのが当たり前の事なので『イクメン』という形で男性だけが特別扱いされるのは違和感しかない」(20代男性)

 男性の場合、大きく二つの傾向が見て取れました。一つは「男は仕事」という意識が残る中、家庭での責任が増えることへの戸惑いや不満の声です。これらは女性側の意見と対立的になりがちです。もう一つは、すでに深く家庭に関わり、子育ては当然と感じている中での違和感です。「『ワーママ』も同じくらい嫌い。働くママってわざわざ言う必要ある?」(30代女性)。こうした女性の感覚に近いのかもしれません。

 前者を「両立疲れ群」と呼ぶことにします。いわば、「男は仕事」という意識の中で、「イクメン」という言葉に家庭との板挟みをイメージする「両立に疲れた」父親たちです。そして、後者を「特別視への違和感群」と呼びます。父親の子育ては当然という意識なのに、周囲にいぶかられたり、逆に特別視されたりすることで「周囲とのズレに違和感を覚える」グループです。

■責任感の裏返しとして、たまるモヤモヤ

「両立疲れ」については、「イクメンブルー」「イクメンタル」などの表現に近いのかもしれません。取材で出会う父親の多くは、家庭で夫として、親として、役割を果たしたいという思いを強く持っていました。一方で、仕事に対しても責任感が強く、両者をうまく成り立たせようとしていました。誠実。そんな言葉がふさわしい方ばかりでした。

 こうした責任感の裏返しとして、「両立疲れ」は「妻に言えない夫の本音」という形で父親の胸のうちにしまわれます。

■奇異の目、過剰な称賛にもモヤモヤ

「特別視への違和感群」の代表的なケースについて紹介します。

 生活の一部として自然に子育てに携わっているのに、周囲からは珍しいものと受け止めれられる。本人たちは、奇異の目で見られたり、過剰と感じる称賛を受けたりして、「イクメン」という言葉に違和感を覚えます。

 父親が育児の主体とみなされずに疎外感を覚える。そんな声が取材班に寄せられました。共働きの30代夫は、泣く子どもをあやしていたら近くの警備員を呼ばれたと言います。健診の度に保健師らに「お母さんはいませんか?」と尋ねられ、男女共用のおむつ交換台では女性に嫌な顔をされたそうです。

「イクメン」という言葉が「新語・流行語大賞」のトップ10入りを果たしてから10年が経ちました。当時の父親たちが、「イクメン」という言葉で意識改革を求められた第一世代とすれば、その世代が前進させた社会の中で価値観を醸成された第二世代の中には、まるで英語を母国語とする人が英語を話すように、「男は仕事、女は家庭」のような固定観念とは縁遠い父親もいます。そうした人にとっては、「イクメン」という言葉は、違和感でしかないのでしょう。

このニュースに関するつぶやき

  • メディアの持ち上げ方が正直うざい
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • むつかしいですよね。保護者会や授業参観にお父さんばかり来ていると「無職?」「奥さんに逃げられた?」「ひも?」とか、散々に言うお母さん方。その価値観が古いんですよって言いたくなる
    • イイネ!99
    • コメント 9件

つぶやき一覧へ(92件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定