自宅で「ピッ」ができるぞ〜! ことでん恒例「ガチすぎ」放出品 2020年はホンモノ「ICカード改札機」、マジか

47

2020年10月19日 19:48  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真ガチ放出品を販売することで知られることでん電車まつり(11月3日開催)
ガチ放出品を販売することで知られることでん電車まつり(11月3日開催)

 四国のガチな鉄道ファンに2020年も朗報! 毎回「ガチ」な放出品や設置権を販売する香川の高松琴平電気鉄道(通称:ことでん)が、「第19回ことでん電車まつり」を2020年11月3日に開催すると告知しました。



【画像】過去に販売した「自宅に線路&踏切設置権」



 ことでん電車まつりといえば、2016年の「ホンモノの線路を自宅に敷設できる権」、2017年の「自宅に線路敷設+四種踏切設置権」、2018年の「自宅に線路敷設+2灯式信号機設置権」など、鉄道ファンならば「可能ならばマジで欲しい。可能ならばな……」と涙を流す、あの「特殊権利販売シリーズ」が目玉の1つです。



 今回の特殊権利販売シリーズは「ザ・IruCa改札機」。10月19日現在、詳細は“しばし待て”状態ですが「家庭用(?)ことでんIruCa改札機(自立タイプ)」とあります。自立タイプとあるので、入れ替えたかざすだけタイプのICカード対応簡易改札機と推測します。でも……ことでんの交通系ICカード・IruCaといえば、攻めすぎデザインの「新元号記念IruCa」のブッ飛んだ例もあるので、もしかしてもっと攻めてくるかもしれません。自動トビラ付きの自動改札機ほしいなぁぁ。



 第19回ことでん電車まつりは11月3日、仏生山会場、瓦町FLAGの2会場で感染症予防対策を取りつつ開催。瓦町FLAG会場では、ことでんIruCa改札機のほか、2019年版「駅名板設置権」と2018年版「信号機設置権」の販売、一般鉄道放出品やことでん+香川の鉄道会社各社グッズの販売、「超難問!クイズ琴電王」イベント、ことちゃん・ことみちゃん記念撮影コーナーなどを用意。感染症対策をしっかり取って、参加してみてはいかがでしょうか。


このニュースに関するつぶやき

  • 通称「京急琴平線」(笑)
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 放出?『はなてん』って読まないんじゃないんやね
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(15件)

ニュース設定