高島屋の福袋が予約制に、混雑緩和のため1月2日と3日は店頭での販売中止へ

8

2020年10月19日 20:42  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真写真
 高島屋が、2021年の福袋の販売方法を変更することを発表した。例年1月2日と3日に店頭で販売していたが、混雑緩和の観点から予約販売方式を導入する。

 来年の福袋は12月2日10時から計15店舗の高島屋各店舗と高島屋オンラインストアで予約受付を開始。店頭では12月31日まで予約を受け付けており、年内もしくは1月4日以降に商品を受け取ることができる。ウェブ予約は25日まで申し込みが可能で、横浜店、大阪店、京都店の3店舗で1月4日以降に販売する。3密を回避するため1月2日と3日の店頭販売は行わない方針だという。
 また、高島屋オンラインストアでは10月上旬から一部商品のウェブ販売を実施。約1000種類以上の福袋を揃え、年内または年明けに配送する。
関連記事 空港型市中免税店を運営する高島屋子会社が事業終了、新型コロナ収束の見通し立たず

このニュースに関するつぶやき

  • さみしい正月ですね�������������ӻ�������しかしこれも感染対策の為じゃ仕方ないね�������������ӻ�������しょんぼり���顼�áʴ���
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 正月のSALE(福袋含む)は、密というか戦場だからなぁ。福袋に興味ないからどうでもいいけど、ネット販売が主流になりそうだね。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

ニュース設定