中島裕翔“大輔”、新木優子“真琴”への「告白」に祝福の声…続編希望も「SUITS/スーツ2」最終回

5

2020年10月20日 00:02  cinemacafe.net

  • 限定公開( 5 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真「SUITS/スーツ2」第15話 (C) フジテレビ
「SUITS/スーツ2」第15話 (C) フジテレビ
織田裕二、中島裕翔のバディが様々な難事件を解決する「SUITS/スーツ2」が10月19日の放送で最終回を迎えた。中島さん演じる大輔の“告白”に視聴者から祝福の声が上がるとともに、続編希望の声が早速SNSにあふれている。

全米メガヒットドラマ「SUITS」の日本版として放送された1stシーズンに続き、この春から放送されてきた本作。「幸村・上杉法律事務所」のシニアパートナーにして稼ぎ頭の甲斐正午を織田さんが、甲斐に才能を見出され、経歴を詐称して甲斐とバディを組む鈴木大輔を中島さんが演じる。


また甲斐と大輔が働く「幸村・上杉法律事務所」の共同代表・幸村チカに鈴木保奈美、大輔に想いを寄せるパラリーガルの聖澤真琴に新木優子、甲斐をライバル視する蟹江貢に小手伸也、十年来の甲斐の秘書・玉井伽耶子に中村アン、検察官から転職してきた藤嶋春香に上白石萌音、ファームを追い出され敵対することになる元共同代表・上杉一志に吉田鋼太郎といったキャストが出演。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
フォルサム食品の女性昇進差別訴訟でチカは世界3大ファームのひとつ、ダービー総合法律事務所の力を借りようとするが、ダービーは過去に訴訟に協力したファームを買収、代表を追い出していた。しかもダービーの担当者は甲斐の元恋人・綿貫紗江(観月ありさ)。甲斐はチカにダービーと合併するならファームを辞めると告げる。


一方、東大ロースクールの試験に落ちたのが蟹江のせいではなく、自分の力不足だとを知った真琴は、そのことを隠していた大輔に怒りをぶつけ、自分と向き合って全てを話して欲しいと迫る。そして大輔は自らがニセ弁護士であることを告白…というのが最終回のストーリー。


大輔が自らの秘密を明かし「俺は君にふさわしい男じゃない」と言おうとすると、その頬を叩く真琴。大輔が「俺は君に釣り合う男じゃない」と続けると、再び頬を叩く。そして大輔は真琴を抱きしめ「全てを話す」と、隠していた自らの素性を明かす…。

SNSでは「大輔、聖澤さんを失わなくて良かったね…泣けた」「大輔と聖澤さんがお互いの弱みもさらけ出して嘘のない関係になれて、ほんと良かった」など2人に祝福の声が送られる。


「春、夏、秋と素敵な半年間をありがとうございました」「気がついたら半年。あまりにも最高なラストに興奮が止まらなくて最高に幸せです」といった感謝の声とともに「また続編ありそうな雰囲気を漂わせながら終わって行った」「最高に面白かったです。続編があったら嬉しいな」「このキャストみんな大好きです!! 本当続編でまた会いたい」など、早速続編希望の声が続々とSNSに投稿されている。

(笠緒)
    ニュース設定