男性が(ぶっちゃけどうでもいい)と思っている「女性の“話のネタ”」4つ

3

2020年10月20日 06:31  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
女性は、好きな人にはできるだけ自分のことを理解してほしいと考えることが多いですよね。しかし、だからといって何でもかんでも話をすればいいとは限りません。

男性たちに聞いた!こんな“返信催促ライン”ならウザくない #1「ちょっと嬉しい(笑)」

話の内容によっては男性に面倒がられてしまうなんてことも……。

好きな人に話をする時は、なるべく相手に嫌がられないように心がけたいもの。そこで今回は、男性がぶっちゃけ「どうでもいい」と思っている女性の話のネタについて4つ紹介します。

■男性がぶっちゃけ興味のない“話のネタ”とは?

■1: 他の女性の悪口や陰口

女性の中には、自分が苦手な女性の悪口や陰口を共有したがる人もしばしば。彼女たちが悪口を言うのは、他の人にも自分と同じようにその人を嫌いになって欲しいと考えているからです。

女性同士であればお互いに愚痴や悪口を共有し合いたいと考えている人もいるため「ああ、わかる。私もそういう女性は嫌い」と話し合えるのですが、男性は大して興味のない他人の話など耳を貸そうとも思いません。

それどころか、仕事で疲れている時に他人の悪口を言う女性に対して嫌悪感を抱くなんてことも……。男性には、くれぐれも他の女性の悪口や陰口は言わないようにしましょう。

■2: その日あった出来事の説明

これは筆者の知人の話になりますが、男性に「今日はこんなことがあって」と、その日あった出来事をつらつらと話したところ「そんなどうでもいい話を延々と話されても……」と嫌悪感を抱かれたことがあったそうです。

そもそも男性は、基本的に女性の無駄な話は好みません。さらにどうでもいい話を、延々と長く話をされてしまうと途中で嫌になってしまいます。

もしどうしても話をしたいなら、せめて簡潔にまとめて話すようにしましょう。

■3: 仕事の愚痴

女性の悪口と同様、仕事の愚痴話も男性が嫌がる女性の話のひとつ。

とくに男性は、一生涯にわたり仕事をしなければならないと考えている人が多いため、仕事上で少し嫌なことがあった程度であれば我慢しているケースが多いのです。

そのため、仕事の愚痴や不平不満を言う女性に対して「その程度のことでぶつぶつとうるさいな……」と思ってしまう男性は少なくありません。

上司から嫌なことを言われた、同僚が苦手などなど。仕事の愚痴は、恋人やこれから恋愛に発展しそうな人には話さないようにしましょう。

どうしても話したいならば、女性同士もしくは職場の人と共有し合うのがベターです。

■4: 共有して楽しめない趣味の話

これは筆者の体験になりますが、趣味である「小説を書く」「ホームページ作成」「よさこい踊り」をこれまで出会いの場で話し、男性から一度も喜ばれたことはありません。

むしろ、男性から「何て返せばいいんだろう?」と怪訝な顔をされたことばかり。

そもそも男性は、自分が興味を持っていないジャンルの話を聞いても関心を持ちません。とくに共有して楽しむのが困難な趣味であれば、話をして満足できるのはあなただけです。

もし趣味の話をしたいのであれば、旅行、カフェ巡り、映画鑑賞、キャンプ、カメラ、ゴルフなど男性も一緒に楽しめそうなものを選びましょう。



男性は、自分が興味を持たない話には耳を傾けません。

話の内容によっては嫌悪感を抱かれてしまう可能性もあるので、注意が必要ですね。くれぐれも、あなたの仕事や他人の愚痴、興味のない趣味の話はやめましょう。

このニュースに関するつぶやき

  • 多くは4に入るか。昨日見たTV番組の話、芸能人がどうした、という話。もっともあえて話をする相手だとこちらの嗜好くらいは認識しているからバカ話など持ち出さない。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • >男性は、自分が興味を持たない話には耳を傾けません。←性別関係ないのでは?つきあいとしてフリだけでもする人が多いと思う。その姿勢さえ見せないのは大人としていかがなものか。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定