鮭のつぶやきに「泣きそう…」 サンリオの異端キャラ・KIRIMIちゃん.が放つパワーツイート

25

2020年10月20日 08:40  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真SNSで反響のあったKIRIMIちゃん.の染みるツイートのキャプチャー
SNSで反響のあったKIRIMIちゃん.の染みるツイートのキャプチャー
  “鮭の切り身”という斬新さで異彩を放つ、サンリオの人気キャラクター・KIRIMIちゃん.。ツイッターのフォロワーは34.8万(10月20日現在)を誇り、リアルタイムでつぶやかれる深い言葉が心に響くと注目を集めている。コロナ禍の本音を漏らした8月のツイートには、「涙がでてきた」「全く同じ気持ちだよぉ…」と多くのコメントが。添えられるイラストも少女漫画風から水墨画タッチまで内容に合わせ様々。毎日異なる姿で訴えかけるきりみちゃんの言葉が、人々の心に響く理由とは? きりみちゃんにインタビューを敢行した。

【写真】自転車…ペダルに足(!?)届いてないけど…?染みる言葉から時折ぶっ飛んだセンスを発揮するKIRIMIちゃん.のツイート集

■ツイッター歴6年 アカウント開設はデビュー時に自ら会社にお願い

 KIRIMIちゃん.が誕生したのは2013年。スーパーで切り身になった瞬間「みんなに美味しく食べてもらいたい」と生まれたそうで、性別は決まっていない。同年9月〜12月に行なわれたサンリオの企画「食べキャラ総選挙〜食うか食われるか真剣勝負〜」で、見事グランプリを獲得。キャラクターとしてデビューが決まると、きりみちゃん(※)本人の希望により、翌年2014年1月15日からツイッターを開始したそうだ。

 お友だちの“ブリくん”とのプリクラをアップしたり、開始当初からトレンドを追った内容を投稿してきたきりみちゃん。足の届かない自転車を必死に漕ぐイラストや、「げつようび…か…」とつぶやき震える“切り身”という姿を生かした(?)異色ツイートにツボる人が続出。時折登場する少女漫画風のきりみちゃんも、「マジで面白すぎ」「80年代の漫画みたい」と反響を呼んでいる。

 また、人気声優の代永翼とはツイッター上でもメッセージを送り合う仲であり、きりみちゃんにとって「人間界で一番の友だち」だそう。誕生日を祝福したり、今年の『サンリオキャラクター大賞』の際にも、代永が「皆さんどうかどうか僕の友達KIRIMIちゃん.に清き一票を宜しくお願いします!」と熱いエールを送っており、ファンを楽しませている。

 きりみちゃんに代永について聞いてみると「いっしょにあそんだりしているよ…! コロナがおちついたら、またつばさくんとあそびたいな…! つばさくんはとってもだいじなそんざいなんだ…!」と、仲の良さが伝わる回答が返ってきた。

■ふいに投下される染みるツイート「いっしょに同じときをすごしていきたい」

 コロナ禍のツイートでは、ストレートに想いを綴った投稿も。
「みんなにあいたいな おでかけしたいな なにも気にせずあるきたいな あなたのこと ぎゅってだきしめたいな きっとできる日が来るよね みんなもしたいこと、教えてね」とつぶやかれた8月のツイートには、「涙でてきた」「ぎゅっとしたいし、ぎゅっとされたい」と多くのコメントが。

 その後も、「たちどまってもいいんだよ なやんだっていいんだよ いつもわらっていなくてもいいんだよ」など、不安な状況が続く今だからこそ響く言葉をフォロワーに投げかけるきりみちゃん。コロナ禍で外出する機会が減る中、“少しでもクスっと笑えたり、みんなの息抜きになれば”という思いで、毎日つぶやいているそう。
「ツイッターはわたしとみんなをつなぐものだから…。わたしのにちじょうを見てもらうのはもちろんだけれど、みんなの不安なきもちやふまんによりそっていきたいな、とも思っているの…!そういう風にかくと、おおげさなかんじになってしまうけれど…みんなといっしょに同じときをすごしていきたいんだ…!」(きりみちゃん)

■見てくれることが幸せ ツイッターは「日記でありみんなと繋がれる場所」

 歌を歌ったり、本を出したり、擬人化されたり…いろいろなことをやってこられたのは、「応援してくれるみんなのおかげ」と語るきりみちゃん。ツイッターは日記であり、みんなと繋がれる場所なんだそう。
「毎日ツイッターでつぶやくことをみんなが見てくれる、そんなにちじょうに幸せをかんじているよ…! ツイッターいがいでも、スーパーで鮭を見かけたらわたしのことを思い出してくれているお友だちもいるかな…!? とってもうれしいな…! これからもおいしく食べてね…!」(きりみちゃん)

 一件自虐的と見えるコメントだが、日常的なツイートのなかにも時折「おいしく焼いてね」「おいしく食べてね」とつぶやくきりみちゃん。そこにはこんな野望が隠れていた。
「わたしがやってみたいことや夢は、やっぱりアニメだよ…! ぎょしょくすいしん(魚食推進)をコミカルにやりたいな…!」(きりみちゃん)

 鮭の切り身として、日本の魚食も背負う異色キャラ。私たちが元気に生きていくために“食べること”が何より大切なことかを教えてくれているようだ。

 たった1枚のイラストと、紡ぎ出す短い言葉で毎日人々の心を癒したり、楽しませたりしてくれるきりみちゃん。ペットのたくわんわんと一緒に夕陽を見ながらつぶやいた「あしたも いい日に なりますように」というシンプルなひと言が、今日も多くの人の心を癒している。

※主人公である鮭の切り身のキャラクターだけを指す場合は平仮名で「きりみちゃん」と表記(C)’13,’20 SANRIO 著作(株)サンリオ

このニュースに関するつぶやき

  • IKURAちゃん・・・サザエさん一家が黙ってないかw
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ごめん今日夜食べますw
    • イイネ!9
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(13件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定