日本の現実とダブる? 天皇問題にコミットする物語『さよなら、エンペラー』

6

2020年10月20日 16:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真※写真はイメージです (GettyImages)
※写真はイメージです (GettyImages)
 文芸評論家の長山靖生さんが選んだ「今週の一冊」。今回は『さよなら、エンペラー』(暖あやこ著、新潮社 1600円・税抜き)。

*  *  *
 長引くコロナ禍のもと、社会には苛立ちと諦めが蓄積している。世代や地域や職種などによる分断、またその裏返しとしての同調圧力も深刻だ。「困った時の神頼み」なのか、疫病除けのアマビエ・ブームもあったが、宗教や哲学の分野から、強いメッセージが聞こえてこないのは気になる。実際は様々な宗教宗派が「心を一つにして立ち向かおう」とか「共に祈りを」といった発信をしているが、注目度は低い。もちろんそれは、不信心なこちら側の問題でもある。

 そんななかで聞こえてきたのは、この災厄についての天皇陛下のお言葉が少ないという意見だ。8月15日には、終戦記念日のお言葉のなかで、新型コロナへの言及があったが、政府が緊急事態宣言を発令した今年4月頃には、既に国民に向けた何らかの直接のメッセージを求める意見がメディアに散見された。天皇から国民への直接のメッセージというと、東日本大震災時のそれが彷彿とさせられる。

 本書は、そんな日本の現実とダブる部分もある、並々ならぬ問題作だ。

 4年後に大地震が起こり、東京は壊滅する──。そんなショッキングな近未来予測を、世界最速のスーパーコンピューターが発する。おかげで日本の国際的信用はガタ落ちとなり、株価も大暴落。外資系企業はさっさと東京から逃げ出し、日本企業も関西圏などへ本社を移す。政府も首都機能の関西移転を決定し、官庁を移転させ、東京の全住民にも転居を促した。

 だが、東京にとどまる人々もいた。あるいは転居したくても、行く当てや資金がない人々も。政府からも見捨てられたような状態となった残留者には無気力が広がり、街も人も日毎に荒廃していく。

 そんなじり貧状態の廃都に「東京帝国皇帝」を名乗る男が現れる。カラスに親しみ、ナポレオンを崇拝する「皇帝」の行動は、生真面目で出鱈目で道化じみているが、良き導き手のように見える時もあり、次第に人々の心を掴んでいく。彼を守ろうとする近衛隊や日本有数の富豪、その正体を探ろうとするマスコミなども周囲に出没。彼の付き人となった青年も、胡散臭さを覚えつつも「皇帝」に惹かれ、様々なことを学んでいく。

 その青年は実は特別な存在だった。常に「ふさわしい」言動を求められ、そうあろうと努めながら成長し、自分には個性がないと思っていた青年は、積極性のある弟に自分の立場を譲りたいとも願っていた。だが「ふつう」と言われてしまうような誠実さを貫き続ける時、その姿は神々しさを帯びるのかもしれない。

 天皇問題にコミットする物語には、様々な歴史や神話を呼び覚ます仕掛けがめぐらされており、読者各自の記憶や歴史観を刺激して、多様な「読み」を誘う。例えばカラスから八咫烏(やたがらず)を連想すれば、神武東征や熊野三山が思い浮かび、兄弟の悲劇を思えば、日本武尊(やまとたけるのみこと)や南北朝、あるいは昭和天皇と秩父宮のことも呼び覚まされるだろう。

 天皇は東京にとどまり、人々に寄り添うつもりだったが、政府から「混乱なく国民を避難させるために」と内奏され京都に遷(うつ)っていた。自分の思いを国民に伝えられない天皇は、「発言が政治性を帯びる危険性がある」としてお言葉を制限されている現実の天皇像と重なる。重なるといえば、東日本大震災時の政府対応や、園遊会で天皇に「直訴」しようとした国会議員の行動などを連想させる挿話もある。

 地震は起きるのか。「日本国」と「東京帝国」の「国民」はどうなるのか。青年はどんな決意をするのか。「皇帝」の正体とは……。皇室をめぐる逸話や噂も取り入れた破天荒な物語は、案外真面目にこの国の形を問うてもいる。

※週刊朝日  2020年10月23日号

【おすすめ記事】コロナで注文殺到、売上14倍の作品は? 自粛で“見たい読みたい”名作40選


このニュースに関するつぶやき

  • 反日左巻きの妄想でしか無いな。一昨日きやがれって話だ。 https://mixi.at/agsT7ZA
    • イイネ!7
    • コメント 0件
  • ���塼���å�(^q^)���塼���å�基地外AERA
    • イイネ!17
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

前日のランキングへ

ニュース設定