ソニー、2022年に人工衛星打ち上げへ 誰でも使えるカメラ搭載

22

2020年10月20日 17:03  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真写真

 ソニーは10月20日、JAXAや東京大学と協力し、同社製カメラを搭載した人工衛星を2022年に打ち上げると発表した。一般の人たちが地上から操作し、撮影できるようにする。オンラインで開催中の「CEATEC 2020」で明らかにした。



【その他の画像】



 プロジェクトは、JAXAが2018年から推進している共創プログラム「JAXA宇宙イノベーションパートナーシップ」(J-SPARC)の一環として進める。東大が超小型の人工衛星を作り、ソニーが開発したカメラを搭載。JAXAは人工衛星の運用などで技術支援を行う。



 カメラは地上から遠隔でパン、チルト、ロール、ズームといった操作が行える。ソニー、宇宙エンタテインメント準備室の中西吉洋さんは「一般の人たちも(スマホやPCで)予約し、カメラを操作して撮影できる仕組みを作りたい。台風や天の川など撮影して共有できる世界を目指す」とした。


このニュースに関するつぶやき

  • どこぞが外国に打ち上げてもらった人工衛星には制御機能がない、という冗談みたいなミスをやらかしたとか。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 寿命が来たら、ソニータイマーで自動的に自爆して、デブリにならないようにしておけよ^^(自爆してもその軌道を保ったまま破片が飛び散ってデブリクラウドになるという説もある)
    • イイネ!11
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(11件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定