「もうじき溶けきる入浴剤」「バターをのばすほど深まる食パンの穴」 日常の“あるある”を再現する工作本『ヘンテコねんど教室』が登場

0

2020年10月20日 20:33  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真「もうじき溶ける入浴剤
「もうじき溶ける入浴剤

 「もうじき溶けきる入浴剤」をはじめ、さまざまな日常の“あるある”を再現している造形作家、しばたたかひろさんの粘土細工が本になりました。『ヘンテコねんど教室』として、マイナビ出版より11月26日に1285円(税別)で発売されます。



【その他の画像】



 しばたさんが作品の作り方を、写真入りで分かりやすく紹介する工作本。使用する道具や粘土の分量、完成時のサイズ感など、制作に必要な情報も詳細に記されています。



 作品のモチーフは「(空気が抜けているので)選んではいけないボール」や「バターをのばすほど深まる食パンの穴」など、どことなく切ない現象ばかり。「(強引に脱いで輪っかのようになった)授業後の水着」のように郷愁を誘うものも多く、大人も楽しめそうです。



 しばたさんに聞いたところ、コンセプトは「他の工作本にはない体験ができる本」とのこと。「かっこいい」「おしゃれ」「実用的」といった要素がほぼなく、「普段なら絶対に作り方を教えてもらえないモチーフばかりです」と、作者がアピールするユニークなこの工作本。Twitterでは「地味にワクワクする」「遊び心がいい」「わかりみがある」と好評を博しています。



画像提供/協力:しばたたかひろ(@iine_piroshiki)さん


    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定