サルヴァトーレ フェラガモがマイクロソフトと協業、メンズシューズのカスタマイズプログラムを提供

2

2020年10月20日 21:02  Fashionsnap.com

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真写真
 「サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)」が、マイクロソフト(Microsoft)およびマイクロソフトのテクノロジーパートナーHevolus Innovationと協業し、メンズシューズコレクション「トラメッザ(Tramezza)」のカスタマイズプログラム「Tramezza Made-to-Order」を開始した。

 カスタマイズプログラムでは、マイクロソフトとの協業によるプラットフォームを採用。最新の3Dモデルなど没入型テクノロジーを活用し、シューズをディテールまでリアルに再現しながらシューズのカスタマイズが可能となった。シューズは全5種類のモデル、9色のカラーから選択できるほか、ソールのカラーの変更、ソールへのイニシャルやロゴ入れ、アイレットやバックルの変更などが可能。シューズの内側に手書きで名前を施すサービスや専用のボックスも提供する。カスタマイズプログラムは銀座本店と大阪梅田本店で利用可能で、一部店舗では期間限定の受注イベントの開催を予定している。
こちらもチェック サルヴァトーレ フェラガモ、メゾンのDNAをモダンに解釈したメンズアクセサリーライン「トルナブオーニ 1927」を発表

■サルヴァトーレ フェラガモ:公式サイト
    ニュース設定