イグアイン、アメリカを新天地に選んだ理由を明かす「プレーできる喜びを…」

1

2020年10月20日 23:08  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真インテル・マイアミに所属するイグアイン [写真]=Getty Images
インテル・マイアミに所属するイグアイン [写真]=Getty Images
 今シーズンからメジャーリーグサッカー(MLS)のインテル・マイアミでプレーするアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが、自身のキャリアについて語った。20日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 ユヴェントスとの契約を1年残していたものの今年の9月に同クラブを退団し、自身初となるアメリカへ新天地を求めたイグアイン。すでにリーグ戦で6試合に出場し1得点を挙げる活躍を見せているが、32歳を迎えている現在のキャリアについて、以下のように語った。

「私はこれまで大物選手の移籍や兄(フェデリコ・イグアイン)の活動を見て、MLSについて好奇心を抱いていた。またサッカーをプレーできる喜びを感じてここにきたかったし、インテル・マイアミは私に必要なものを全て与えてくれたと思う」

「メディアの観点から考えると、ヨーロッパはあまりにも注目度が高すぎた。毎回の試合ごとに自分のキャリアで行なってきたことの全てを、彼らに証明しなければならなかった。より多くの忍耐が必要とされ、心からプレーを楽しむ時間を感じられなくなってしまったよ」

 現在、インテル・マイアミはリーグ戦で12位に位置しているが、今後イグアインはチームを上位へ引き上げる活躍を見せられるのだろうか。
ニュース設定