お弁当の中身に頭を悩ませるママたち……毎日似たようなメニューになってもいいの?

4

2020年10月21日 06:01  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ


小さい頃は学校で給食が出されていても、子どもが進学したとたん毎日のお弁当作りが始まったと感じるママは多いかもしれませんね。慣れないお弁当作りに苦戦しているママたちがママスタコミュニティでこんな愚痴をこぼしあっていました。
『いつも似たようなおかずになっちゃう』
『作るのはいいけど、レパートリーがなくなってしんどくなる』
全国の国公私立学校における平成30年度の調査では、小学校の給食実施率は99.1%。小学生のうちは給食が出されている子どもがほとんどと言っていいようです。それが中学校では少し割合が下がり89.9%。高校ともなると学生食堂や売店が設けられているところもあり利用するご家庭やお弁当を持参するご家庭もあるようです。

メニューに苦労しているママたちは子どもが中学、あるいは高校に入学したタイミングで毎日のようにお弁当を作ることになったとのこと。ママスタコミュニティには共感するママたちから「似たようなおかずばかりでも大丈夫!」「レパートリーがなくても何とかなる!」などの励ましの声が届いていますよ。
参考:文部科学省 | 平成30年度学校給食実施状況等調査の結果について

同じメニューばかりでも大丈夫!



子どもが食べるお弁当は栄養のバランスを考えて、なるべく数多くの食材で……などと配慮する人もいることでしょう。毎日食べると飽きてしまうことを心配し、同じ食材でも調理方法を変えてアレンジしようとするかもしれませんね。しかし食べる本人はそれほど中身の違いを気にしていないよう。毎回似たようなお弁当でも問題はなく、それどころか「好きなおかずを毎日食べたい」と言われたママもいるようです。
『本人は、気に入ってるおかずを毎日でもいいらしい』
『現在高校生2人がお弁当だよ。早起きになったけど、どうにかなるよ! フルーツと卵焼き、ウインナーお肉、魚。あと冷食1品! サイクルして回せる!』
『毎日だとそんな張り切った物も作らないし、ルーティーンだからそこまで苦じゃない』
『毎日やってると半分寝ぼけてても勝手に手が動く感じになるよ。うちは旦那と息子だけど、変わりばえしないお弁当でも2人とも文句言わないから助かってる』

冷凍食品や残り物で手抜きもOK!


毎日続くお弁当作りにうんざりしたときは、なるべく楽をするのも大切かもしれません。思い切って心のハードルを下げ、手抜き弁当でも全然OK! という心持ちでいてはいかがでしょうか。ママたちは前日の夕食の残り物を活用したり、市販の冷凍食品を入れてみたりと手間を省く工夫をしているようです。朝は炒めるだけ、焼くだけ、加熱するだけなど、自分がそれほど負担でない作業だけで終わらせられるのが理想ですね。
『案外やってみると面倒じゃないよ〜。朝食準備と一緒にチャチャッとできあがる。メインはだいたい前夜の残り物入れちゃうし』
『暇なときに副菜は何種類か大量に作って冷凍しておくから、そんなに苦じゃないかな? 今は美味しい冷食もいろいろあるから手抜きだよ』
『高3、中1、年少のを作ってるけど、冷凍食品詰めるだけとか牛肉炒めただけとかだから楽。洗い物増やしたくないから玉子焼きすら焼かないよ。中1は塾のときコンビニでサンドイッチ。高3は帰りに牛丼屋』
『息子のお弁当はお肉とご飯だけ。生姜焼き、牛肉炒め、カツ煮などがっつり系のおかず1品のみ。作るのはとにかく手抜きでいい。惣菜も冷食も活用しまくる』

男の子なら肉があれば満足!?


食欲旺盛な男の子を持つママたちからは、名言が次々と飛び出しました。「肉焼いてドーン!」「映えとか気にしなくていい」「米が7割」……。育ち盛りの男子弁当はとにかく食欲を満たすことが最優先!? 入れる量や食べ応えなど、本人が必要としているポイントさえ押さえておけば問題ないようです。メニュー決めが簡単になるとママも気持ちの上でずいぶん楽になりそうですね。
『男の子だから彩りとかより、肉が入ってればOKだからそんなに面倒ではない。なんなら毎日焼き肉弁当でも文句言わない』
『うちは高校生男子だから簡単だな。肉焼いてドーンみたいなの。あとは適当に作り置きを何品か入れるだけ』
『うちも最初バランスや彩りを気にしていろいろ入れてたんだけど、息子に「映えとか気にしなくていいから。いろいろ入れないで肉ドーンにして」って言われたからお弁当作りは楽になったよ』
『3年間お弁当を作った。男なら、好きなおかずレパートリー3種類くらいを日ごとローテーションで大丈夫だよ。米が7割(笑)』

お弁当を作る人がいるありがたみに感謝



ときにはお弁当を食べてきた子どもから「美味しかった」「ありがとう」と嬉しい言葉をもらうことも。本人の感謝の気持ちは、毎日作るママの励みになりますね。
『なんだかんだ毎日完食してくるし「今日の美味かった」ってたまにデレてくるのが可愛いから頑張る』
『私もお弁当作りが憂鬱だったけど、毎日「今日もお弁当ありがとう」って言ってくれる』
『どんなに手抜き弁当でも「ありがとう」「ごちそうさまでした」ってお弁当箱を洗ってくれる。なんて良い子なんだーって感動する』
ママとして子どものお弁当を作るようになると、自分の子ども時代に毎日お弁当を用意してくれた親のありがたみも分かるもの。
『やっぱり毎日は大変だなと思う。みんな本当にすごいし、高校時代欠かさず美味しいお弁当を作ってくれた自分のお母さんはすごい人だったと思う』
『私は社会人になっても母親にお弁当を作ってもらってた。今思えば大変だったよなぁ、って思う』
『大変だよね〜。本当、文句も言わずに作ってくれたお母さんに感謝する日々だわ』
『本当、自分が作る側になって初めて、毎日お弁当作ってくれた母には感謝だなって思う』
『幼稚園から高校生までずっとお弁当だった。親が離婚したから祖母が私が結婚するまで20年作ってくれたけど、本当に大変だっただろうなと頭が下がる』
お母さんやおばあちゃんがお弁当を作ってくれていたことにあらためて感謝するママたち。きっといつか今のママの頑張りをお子さんが実感する日も来ると思いますよ。

毎回違うメニューのお弁当を作ろうと頑張りすぎると、そのうち疲れて息切れするようなことにもなりかねません。思いつかない、面倒くさい……と頭を悩ませるママは「別に変わりばえしなくてもOK」と、気楽に考えておきましょう! 気持ちの負担にならないよう、ぜひ上手に手抜きをしながら乗り切ってくださいね。

文・井伊テレ子 編集・山内ウェンディ

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 長男の幼稚園入園を機に弁当生活始まったけど毎日同じようなメニューだわ。時間内にひとりで食べきるの優先で、栄養バランスは家での食事で調整すればいいかなと思ってる
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 子等はいつものお気に入り達を詰めよと指示してくるね。一品は毎回変えたりしとけば良いんじゃないの。フルーツも毎回違うし。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定