東北 あさって23日(金)は局地的に大雨の恐れ

1

2020年10月21日 12:51  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真東北 あさって23日(金)は局地的に大雨の恐れ
東北 あさって23日(金)は局地的に大雨の恐れ

あす(木)は天気が下り坂で、夜遅くには福島県を中心に雨の降り出す所があるでしょう。あさって(金)も広い範囲で雨が降り、雨や風が強まる恐れがあります。今後の気象情報に注意して下さい。



●あさって(金) 太平洋側の沿岸部 まとまった雨になる恐れ


あす(木)は高気圧の中心が北海道の東の海上へ離れ、南から湿った空気が流れ込むでしょう。東北地方は雲が次第に厚くなり、夜遅くには福島県を中心に弱い雨の降り出す所がありそうです。帰りが遅くなる方は折り畳みの傘をお持ち下さい。
あさって(金)は2つの前線を伴った低気圧が西から近づいてくる見込みです。東北地方は昼過ぎにかけて広く雨が降り、雨脚の強まる所があるでしょう。特に、海風が吹き付ける福島県浜通りや宮城県東部、岩手県沿岸南部では発達した雨雲が流れ込み、局地的にまとまった雨になる恐れがあります。また、海上を中心に風が強まり、横殴りの雨となる可能性もあります。傘があおられることもありますので、外出の際はレインコートがオススメです。また、交通機関に影響が出る可能性もあるため、時間にゆとりを持って行動して下さい。


●あさって(金)夜〜 標高1500m以上の山では雪が降りふぶく恐れも


あさって(金)の夜には西高東低の気圧配置が強まり、東北北部の上空1500m付近には山(標高1500m以上)で雪となる目安の寒気(0度以下)が流れ込む予想です。この強い寒気は24日(土)にかけて南下するため、24日(土)は東北南部の山(標高1500m以上)でも雪が降る可能性があります。季節風が強まりふぶく恐れもあるため、登山などは注意が必要です。


このニュースに関するつぶやき

  • 大雨はもう結構です。逸れてください。お願いだから。紅葉もそろそろなんだから。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定