モトーラ世理奈、地上波ドラマ初主演 デザイン業界を舞台にクリエイターが実名登場も

0

2020年10月21日 13:12  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真水ドラ25『東京デザインが生まれる日』(上段左から)千原徹也、モトーラ世理奈、MEGUMI、後藤淳平(下段左から)もも、伊藤万理華、新井郁、奈良裕也 (C)テレビ東京
水ドラ25『東京デザインが生まれる日』(上段左から)千原徹也、モトーラ世理奈、MEGUMI、後藤淳平(下段左から)もも、伊藤万理華、新井郁、奈良裕也 (C)テレビ東京
 モデル・女優のモトーラ世理奈が、12月2日スタートの水ドラ25『東京デザインが生まれる日』(テレビ東京/毎週水曜25時28分)で地上波ドラマ初主演を務めることが発表された。

【写真】モトーラ世理奈主演『風の電話』フォトギャラリー

 本作は、デザインオフィス「れもんらいふ」代表のアートディレクター・千原徹也の企画・演出による、デザイン業界を舞台にした全5回の連続ドラマ。数々の著名アーティストや企業の広告、映画やドラマのビジュアルなどのデザイン/アートディレクションを手掛けてきた千原によるデザイン企画や作品をモチーフに、その成立の経緯やプロセス、関わった人々を描く。ドラマの合間には、これまでの作品に携わったクリエイターや俳優と千原との「対談ブロック」を挟み、「フィクション(ドラマ)とノンフィクション(対談)のハイブリッド」を特徴とする。

 ドラマパートでは、デザインの世界で若き女性主人公が奮闘し、成長していく様子を描きながら、さまざまな俳優、ミュージシャン、デザイナーやフォトグラファーなどのクリエイターが多数実名で登場。ドキュメンタリー風のドラマとなる。

 主人公で「れもんデザイン」に勤める若きデザイナー・小野睦役を、映画『風の電話』に主演したモトーラが演じるほか、睦の上司でアートディレクターの千原徹子役をMEGUMI、睦の彼氏・片平和春役を後藤淳平(ジャルジャル)、睦の1年先輩の矢沢春希役をもも(チャラン・ポ・ランタン)、睦の友人・遠藤七菜香役を伊藤万理華、チーフデザイナー・鳥居奈穂美役を新井郁、取締役で睦の良き相談相手・関善彦役をヘアメイクアップアーティストの奈良裕也が演じる。

 主演のモトーラは「面白い人たちが集まって作るドラマです。私も想像するだけでワクワクします。これから撮影が始まりますが、どんな色のドラマになるのか、素敵なメンバーが集まっている現場がとても楽しみです」とコメント。

 千原監督は「監督という仕事は、人生の夢でした。僕の仕事はアートディレクターで、デザインが本業。れもんらいふと言うデザイン会社を始めて来年で10年が経ちます。映像の仕事は総合芸術、キャスト、スタッフ多くの人が関わります。夢である監督という仕事のために今までの出会いがあった! と言っても過言ではないです。僕の日常の全てが詰まった作品です。ぜひ、デザインという仕事とれもんらいふとは何か!? を楽しんでみてみてください」とメッセージを寄せた。

 水ドラ25『東京デザインが生まれる日』は、テレビ東京にて12月2日より毎週水曜25時28分放送。
    ニュース設定