お魚たちの眠り方3パターンとは? 泳ぎながら眠るサメの超例外「ネムリブカ」の謎

37

2020年10月21日 16:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真ネムリブカ(出典:WEB魚図鑑)
ネムリブカ(出典:WEB魚図鑑)
 秋といえば、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋など色々とすることがありすぎて、寝る間もないほどですが、実は秋は睡眠にとっても一番いい季節なのだとか。確かに暑すぎず、寒すぎず気候的にも快適で、おいしいものを食べて、適度な運動をした後は、心地よい疲労感からぐっすりと眠れるような気がしますよね。

【写真】動物と同じようなまぶたを持っているお魚はこちら!

 では魚たちの睡眠事情はどうなっているんでしょうか。そういえば、金魚や熱帯魚を飼っている時も、水槽で魚たちが眠っている姿って見た覚えがないと思いませんか?

 実は魚たちも不眠不休というわけではありません。ちゃんと眠っています。ただ、我々人間の睡眠とはかなり事情が違うようです。

 魚たちの睡眠は、大きく分けて3種類に分類されます。

 まず一番多いのが、岩陰やサンゴなどに隠れて眠っているタイプです。

 魚たちの世界はとても厳しい弱肉強食の世界ですので、眠ると言っても、我々人間のように熟睡するのではありません。ウトウトしながら体を休めるという感じで、何か異変を感じるとすぐに逃げられる準備をして休んでおり、眠っている時間は長くても2時間程度のようです。

 ちょっと変わったところでは、ブダイの仲間は、眠る時にはエラから粘膜のようなものをだして、それに包まれて眠ります。外敵などがその粘膜に触れるとすぐに目覚めて逃げ出せるようにするためのバリアーのようなものなんでしょう。

 もう一つは、砂の中にもぐって眠るタイプ。代表的なものとしては、ベラやキス、アナゴの仲間などがいます。水族館の人気者のチンアナゴも、砂の中から体を出してゆらゆらしていますよね。岩陰で休む魚に比べると安全度は高そうです。

 そして最後は、泳ぎながら眠るタイプです。マグロやカツオなどの回遊魚やサメなどは泳ぎ続けていないと呼吸をすることができないので、生まれてから死ぬまで泳ぎ続けています。そうした彼らにも睡眠は必要なんです。ではどうやって寝ているのかというと、泳ぐ速度を落として数秒から十数秒という短い睡眠をこま切れにとっているようです。

 たまに深夜の電車で見かける、つり革をもったままうとうとしていて、膝がガクッとなった瞬間に目覚めるほろ酔いのおじさんのような感じでしょうか?

 実は、サメの中にも、泳がず海底にじっとしている変わったサメがいます。その名は、ネムリブカ。ネムリブカは、サメの中では珍しく、泳いでいなくてもエラから水中の酸素を取り入れることができる器官を持っているんです。昼間は海底や岩穴の中などでじっとしていて、多くの魚たちが眠る夜に狩りをすると言われています。

 我々は眠る時には目を閉じますが、ほとんどの魚にはまぶたがありませんので、眠る時も目を開けたままです。

 大気中では、瞳を乾燥から守ったり、涙で瞳についた汚れを洗い流したりするために、我々は1分間に20〜30回も瞬きをしています。一方、魚は水中にいるため、目が乾燥することはありませんので、基本的にまぶたはいらないんです。

 ただ、マンボウなどフグの仲間には動物と同じようなまぶたを持っているものもいます。といってもフグのまぶたは我々のものとは違い、素早く動かすことはできません、閉じるのに数秒から10秒以上もかかってしまうと言われています。これでは目を守ることは難しそうですね。

 また、ボラやサバなどは、脂瞼(しけん)といわれる透明な膜で瞳を覆っています。この膜も、瞳を守る役割をすると言われていますが、動物のように開けたり閉じたりすることはできません。

 これから寒くなってくると、ボラの目が白っぽくなってくるのは、脂が乗ってその脂が脂瞼にもたまってくるためです。

 また瞬膜(しゅんまく)といわれる透明な膜を持っている魚もいます。主にサメの仲間は、水圧などから目を守るために、透明な膜で瞳を覆うことができるようになっています。

 いかがでしたか? 魚たちと違って、我々人間が健康な生活を繰るためには、良質な睡眠が不可欠と言われています。良質な睡眠をとるためには、良質なたんぱく質をとることが有効であるとも言われています。今年の秋は、良質なたんぱく質を多く含む魚を食べて、食欲の秋と睡眠の秋を満喫してみてはいかがでしょうか。

○岡本浩之(おかもと・ひろゆき)
1962年岡山県倉敷市生まれ。大阪大学文学部卒業後、電機メーカー、食品メーカーの広報部長などを経て、2018年12月から「くら寿司株式会社」広報担当、2019年11月から、執行役員 広報宣伝IR本部 本部長

※AERAオンライン限定記事

このニュースに関するつぶやき

  • ベラは大潮なるいつもより大きな引き潮の夜には【掘って捕獲】していたな。たまに『アレを喰うん?』と言われるが、ボラと違ってフツーに美味いよな?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • わたし寝てませんから(笑)魚は本当に寝ないみたいですね。不思議!
    • イイネ!13
    • コメント 7件

つぶやき一覧へ(18件)

前日のランキングへ

ニュース設定