久保建英、バレンシア戦のイエロー2枚目が取り消しに! 次節出場可能

9

2020年10月21日 22:09  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真[写真]=ムツ カワモリ
[写真]=ムツ カワモリ
 スペインサッカー連盟(RFEF)の競技委員会は21日、ビジャレアルに所属するMF久保建英に関する声明を発表した。

 久保は18日に行われたリーガ・エスパニョーラ第6節バレンシア戦に64分から途中出場。9分にダニエル・パレホの決勝点を演出したが、72分に相手へのハイキックでイエローカードを受け取る。すると後半アディショナルタイム2分、ボールをキープしようと滑り込んだ際に相手の足を削ったとして2枚目のイエローカードが提示され、久保は退場してしまった。

 ビジャレアルは試合後、久保の2枚目のイエローカードについては不当なものだとして、RFEFの競技委員会に処分の取り消しを求めていた。

 競技委員会の発表によると、1枚目のイエローカードを受けたシーンについては「危険なプレー」だとして、久保への警告とクラブに対する180ユーロ(約2万2千円)の罰金が決定。一方、2枚目の場面についてはビデオ映像なども参照した結果、「(久保が)先にボールに触れたのは明確で、その後、必然的に両者は接触した」として、処分の取り消しが認められた。

 この結果、久保は25日のリーガ第7節カディス戦への出場が可能となった。なお、ビジャレアルは22日にヨーロッパリーグ・グループステージ第1節でスィヴァススポル(トルコ)と対戦する。

このニュースに関するつぶやき

  • 2枚目がありだったら、後から相手のスパイク目掛けて突っ込めば相手にカードを与えることができるからな。別の競技になっちゃうw
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ハイキックは故意でなくても重大事故につながるので予防措置としてのイエローは仕方ない。二つ目はあれがイエローならサッカーが成り立たない。当然の措置だと思う。根本的な問題は「プレーが軽い」ので取られやすいことだ
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ニュース設定