『タモリ倶楽部』空耳アワーが半年ぶり復活 松たか子&星野源ら名作大賞を決定

500

2020年10月22日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真タモリ倶楽部「帰ってきちゃった空耳アワー復活祭」で大賞を決定 審査委員長のタモリと審査員の松たか子、星野源(C)テレビ朝日
タモリ倶楽部「帰ってきちゃった空耳アワー復活祭」で大賞を決定 審査委員長のタモリと審査員の松たか子、星野源(C)テレビ朝日
 テレビ朝日系『タモリ倶楽部』(毎週金曜 深0:20)の名物企画「空耳アワー」が、4月10日放送回でコーナー休止が発表されて以来、約半年ぶりに復活する。「新作・名作たっぷり出します! 帰ってきちゃった空耳アワー復活祭」と題し、10月30日(前編)、11月6日(後編)の2週にわたり、名作と新ネタを大放出する。

【番組カット】空耳ファンの星野源&松たか子も思わず笑顔

 コーナー開始から28年、長い歴史の中で生まれた名作の数々を紹介。タモリが審査委員長、空耳ファンの松たか子、星野源が審査員となり、「ベスト・オブ・レジェンド」大賞を決定する。企画の進行は、おなじみのソラミミスト・安齋肇が務め、かつて安齋が遅刻した際に代打として見事な進行を見せた市川紗椰も助っ人として登場する。

 レジェンド作品は10年ごとの年代別に、「ショート部門」「ダミ声部門」「不条理部門」「グルメ部門」といった各部門に分けて紹介。中には「SUN部門」など、聞いただけでは意味がわからない部門も。これらの中から「レジェンド・オブ・レジェンド空耳」に輝いた作品には、世界に1つだけのスペシャルな贈呈品が贈られる。

 コーナーを休止していた半年の間には、約1万通もの新作ネタ&投稿動画が集まったといい、新ネタも投入。そのクオリティーの高さに松と星野も「空耳らしい」と感心する。ウィズコロナ時代ならではの変化とは!?

このニュースに関するつぶやき

  • 復活しました。 松たか子さんの「ぬるぬるしてたら」の一言で休止中でも応募していた時間が無駄ではなかった、そう思えました。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • パン!茶!宿直。
    • イイネ!103
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(244件)

ニュース設定