プリキュアで10年以上信じられている“7つのウワサ”を検証する

27

2020年10月22日 18:03  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真10月に入り盛り上がりを見せてきた「ヒーリングっどプリキュア」
10月に入り盛り上がりを見せてきた「ヒーリングっどプリキュア」

 プリキュア界隈(かいわい)では、10年以上もまことしやかに語られている謎のウワサ情報が多々あります。「銀魂がプリキュアパロディーをしたら東映が激怒した」「親からのクレームで水着がNGになった」などなど……。



【画像】「ヒーリングっどプリキュア」の視聴データ



 これらが本当なのか? ウソなのか? 今回はそのあたりを調べていきたいと思います。



●「ヒーリングっどプリキュア」急展開



 「ヒーリングっどプリキュア」が10月に入って急展開です。



 コロナ禍中の2カ月の再放送もあり、ストーリーの縦軸がゆったりと進行していた印象のあった「ヒーリングっどプリキュア」ですが、10月に入り急展開。がぜん盛り上がりを見せてきました。



 10月11日放送の第28話「苦しみの再来!?ダルイゼン、あなたは」では、幼少から病弱だった主人公、花寺のどか(キュアグレース)の病気の原因がプリキュアの敵ビョーゲンズによるものであったことが判明しました。



 敵幹部ダルイゼンによって病原体の結晶メガパーツを体に入れられ「宿主」とされてしまったのどかちゃん。その体から出てきた黒いモヤは、ダルイゼンそっくりの姿のケダリーとなりプリキュアの前に立ちはだかります。



 なぜ、のどかちゃんの体から出てきたケダリーがダルイゼンそっくりなのか? のどかちゃんは幼少期にダルイゼンの宿主にされ、それが病気の原因だった!? そんな急展開にネット界隈でも大きな盛り上がりを見せました。



 ただ、このときは大人ネット民のやや悪い所も出てしまい「プリキュアが出産した」「ダルイゼンとのどかの子どもがケダリー」「プリキュアが母親になった」などの面白がりワードが過熱してしまいました。



 結果「プリキュア 出産」「プリキュア 母親」などがTwitterトレンドに入ることとなり、プリキュアを知らない人たちにまで良からぬ誤解を与えることになってしまったのです(実際は「出産」や「子ども」といったワードは一切作中では出てきません。作中の描写は「宿主から病原体が出てきた」というだけです)。



 こういった「膨らんだ情報が外に出て一人歩きして成長、拡散していく様子」は、まさに今作のメガビョーゲンそのものなのですが、プリキュア界隈に限らずウワサや流説はこうやって広まっていくのだな、と実感したものです。



 これ以外にもプリキュア界隈には「10年以上信じられているウワサ情報」というものがたくさんあります。



 ファクトチェックが必須の現代。「面白ければウソでも良い」は令和の時代では通用しません。今回はそれらプリキュアの流説の一部を見ていきたいと思います。



●プリキュアつの流説



・プリキュアは半年で終わる予定だった



・親からクレームが来て水着が禁止になった



・銀魂のプリキュアパロディーで東映アニメが大激怒した



・プリキュアは成人男性もターゲットになっている



・ラスボスと結婚したプリキュアがいる



・「アナ雪」ブームで「Go!プリンセスプリキュア」が作られた



・映画でプリキュア同士が戦ったら子どもが泣いた



●プリキュアは半年で終わる予定だった



 「プリキュアはもともと半年で終わる予定だった。人気が出たから1年続いた」という流説があります。



 ストーリー的に半年でプリズムストーンを集め終えたことがその証拠である、とされています。



 しかしこれは正確ではありません。プリキュアはもともと1年の予定であったことは何度も各媒体で触れられ、例えばかつて刊行されていた『プリキュア新聞 2014年春号』で鷲尾プロデューサーは下記のように語っています。



04年の第1作「ふたりはプリキュア」は、1年やりましょうという話でした。青息吐息でいくくらいなら、物語上は半年で全部解決するくらいで始めて、できるようならその先、考えましょうと。だからプリズムストーン7つを1年で集める話が、半年で集めきっちゃったんですよ。そこから先はストーリーを作っていくのに必死で。



日刊スポーツ新聞社『プリキュア新聞 2014年春号』鷲尾天インタビュー



 「とにかく前半から盛り上げて突っ走ろう」という思いが物語を半年で一段落させてしまい、その結果として「半年で終わる予定だった」という流説になっていったようですね。



【結論】



「ふたりはプリキュア」は、最初から1年放送される予定だった。



●親からクレームが来て水着が禁止になった



 「フレッシュプリキュア!(2009年)の蒼乃美希の水着姿に保護者(PTA)からクレームが来て、以降プリキュアでは水着が禁止になった」。これも良く聞きますよね。



 しかし、これも間違いです。



 プリキュアは確かに一時期かたくなに水着表現をしなかったのですが、それは初代「ふたりはプリキュア」のときに、当時の鷲尾プロデューサーが子どものためを思い自主規制した結果であり、親からのクレームによって外圧で水着がNGになったというわけではありません。



【結論】



 プリキュアの水着は、子どものことを思い「自主的に」表現をしなかった時期があった。クレームによる外圧でNGになったわけではない。



●銀魂のプリキュアパロディーで東映アニメが大激怒した



 アニメ「銀魂」内で、プリキュアのパロディーを放送したら東映アニメに怒られた、という流説もあります。



 一度ならず二度もパロディーにしたことで東映アニメ側や一部の声優さんが大激怒し、当時の銀魂アニメの監督、制作プロデューサーを本社に呼びだし「法的手段に訴える」と全員を土下座させた、というトンデモないものです。これも一部では固く信じられているようです。



 これもソース不明な情報が面白おかしく語られており、明確な証拠はありません。銀魂アニメの関係者内では「これは大丈夫か?」「怒られないか?」などの議論は常にあったとはいい、その銀魂内での話に尾ひれがついて拡散されていったものと思われます。



 そもそも、本当に訴訟沙汰に近い問題なっているのであれば、関係者が面白おかしく語るはずはありません。



 プリキュアサイドの証言としては、書籍『プリキュアシンドローム』(幻冬舎、2012年)で当時の鷲尾プロデューサーと声優さんが「ふたりはタマキュアSilverSoul」に触れ、プリキュアのパロディーを好意的に捉えている旨の発言をしています。



鷲尾 「プリキュア」がこういうパロディをされるようになって驚いたんです。



前田 こういうパロディは多かったですよね。アニメの「銀魂」(第五十話「節目節目に気合を入れ直せ」)でも「ふたりはタマキュアSilverSoul」って。



鷲尾 ありましたね。「MaxHeart」と「Splash☆Star」の変身と必殺技シーンを混ぜたパロディ。しかもおばあちゃんふたりがやってるんですよ。



仙台 私はたまたま家でテレビを観てて、びっくりしたけど笑っちゃいました(笑)。



鷲尾 あそこまでやってもらえるのなら、パロディにされるほうは本望です。作品の認知度が低かったら誰もパロディをやってくれませんから、うれしいことです。



幻冬舎『プリキュアシンドローム!<プリキュア5>の魂を生んだ25人』(2012年)P320



 そう。プリキュアのプロデューサーも声優さんもプリキュアのパロディーを怒っているどころか、喜んでいたのです。



【結論】



 当時のプリキュアのプロデューサーは銀魂のパロディーに怒っているどころか、好意的に捉えていた。



●プリキュアは成人男性もターゲットになっている



 これも良く聞くデマの1つです。Google画像検索をすると19〜30歳男性が「プリキュアのコアターゲット」となっている謎の写真が出てきたりもします。



 この写真はかつて自分が検証したところ「DVD販促用の資料」ではないかと結論づけました(右側に販売用のカードが映っています)。



 つまり「プリキュアというアニメ自体のターゲットに成人男子が含まれる」のではなく、「プリキュアのDVD購買層には成人男子が含まれている」というだけなのです。



 プリキュアは各媒体のインタビューや、東映アニメーションの株主総会などでも「子どもたちのためだけ」に作っていると明言しています。



 ただ「大人の視点」を考慮していないわけではなく、プリキュアは「保護者の視線は考慮している」とも各媒体のインタビューで書かれています。



 また、プリティストアで売られている周辺グッズには大人向けに作られているものも多々あったり、大人向けのイベントも開催されていたりもします。



 この2つの概念「アニメは保護者(大人)を意識している」と「グッズやイベントは大人をターゲットとしたものもある」が合わさることにより「プリキュアは大人にも向けて作られている」という流説につながっていったものと思われます。



【結論】



 大人もターゲットにしているのは一部のグッズやイベントだけで、アニメ自体は子どもと保護者がターゲットであると明言されている。



●ラスボスと結婚したプリキュアがいる



 ラスボスと結婚し、子どもを産んだプリキュアがいる。そんなウワサ話もあります。



 2018年「HUGっと!プリキュア」のラスボス、ジョージ・クライは未来の世界で最愛の人だった野乃はな(キュアエール)を失ってしまったために、過去に戻って時を止めようとしますが、その野望は打ち砕かれます。



 「最終回、未来の世界で赤ちゃんを産んだ野乃はなの夫は、そのジョージ・クライである」。実は、これも正確ではないのですよね。



 未来のジョージ・クライが夫であるというのは「そうにおわせる描写」が各所にあるだけで、「夫」と確定しているわけではありません。



 『HUGっと!プリキュアオフィシャルコンプリートブック』(学研プラス、2019年)では、シリーズ構成の坪田文氏が、「野乃はなの夫をはっきりと描かなかった」理由を語っています。



ちなみに、はなの夫をはっきりと描かなかった理由は?



坪田:SDと内藤Pの意向もありますが、観ればわかってもらえるかなぁと(笑)



『HUGっと!プリキュアオフィシャルコンプリートブック』(学研プラス、2019年)P91



 「はっきりと描かなかった」と明言されていますし、その理由はシリーズディレクター(監督)やプロデューサーの意向であったとしています。



 ヒントは出していますので後は視聴者の想像に委ねます、というスタンスですよね。断定はされていません。



【結論】



 野乃はなの夫は、ジョージ・クライとにおわせる描写があるだけで「断定」はされていない。誰だかは分からない。



●「アナ雪」ブームで「Go!プリンセスプリキュア」が作られた



 当時大ブームだった「アナと雪の女王」に乗っかるため、お姫様モチーフの「Go!プリンセスプリキュア」が作られた。これも良く聞くウワサです。



 これは2015年の春映画「映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル」が「アナと雪の女王」に影響を受けて作成されたことから転じたものと思われます。



 映画プロデューサーのギャルマト・ボグダン氏のインタビューにはこうあります。



それで、ダンスを企画の真ん中にする事を考えました。その判断は「アナと雪の女王」の大ヒットも背景にあります。(中略)でもそれを裏切るかのように「アナ雪」は日本語の歌でヒットした。それで企画を出す勇気が湧いたんです。



『プリキュアぴあ2015』(ぴあ、2015年)P14



 春のカーニバル時の最新のプリキュアは「Go!プリンセスプリキュア」でした。そこから「Go!プリンセスプリキュア」と「アナ雪」が結び付き、ウワサにつながっていったものと思われます。



【結論】



 アナ雪の影響を受けて作られたのは「映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル」。



●映画でプリキュア同士が戦ったら子どもが泣いた



 「プリキュア同士が戦ったら映画館で子どもが泣いてしまった。以降プリキュア同士で戦うのはNGとなった」。



 これは「映画ふたりはプリキュアMax Heart2 雪空のともだち」での、洗脳されたキュアブラックとキュアホワイトがガチめの戦闘シーンを繰り広げたときのエピソードですね。



 これもネットなどで良く聞きます。これはどうなのでしょうか?



 実はこれは本当のようなのです。



 かつての幻冬舎webマガジン「実況野郎B-TEAM」内の加藤レイズナ氏と鷲尾プロデューサーの対談記事(現在は公開停止中)でその旨を話していました。



 対談記事中の発言を要約すると、



鷲尾「小さい女の子は、友達同士が喧嘩することをとても嫌がる事が判った」



加藤「映画館で子供が泣いてしまった」



鷲尾「プリキュア同士が戦う事は子供にとって良い印象は残らない」



などの発言が確認されています。



 プリキュア同士が戦ったら子どもが泣いてしまった、というのは事実のようです。



 鷲尾プロデューサーが男の子向けでよくある設定を女の子向けへ持ち込んだら喜んでくれるどころか拒否反応を示されてしまったようなのです。



 この出来事は鷲尾プロデューサーにも教訓となったようで、以降レギュラープリキュア同士が戦う描写は描かれないようになっていきました(最初から「敵」として出てくるプリキュアとは戦いますけどね)。



【結論】



 「プリキュア同士が戦ったら子どもが泣いた」は本当っぽい。



●その他にも……



 プリキュアは16年以上も続いているため、さまざまなウワサ、流説が存在します。



 今回触れていないものの中にも、「スプラッシュスターは子どもに人気が無かった」(実は玩具が売れなかっただけで、子どもには人気があった)や、「プリキュアは親がお金を出すので、両親を悪者にしない」(している作品もある)など、まことしやかに語られるウワサが多々あります。



 それらの中には「真実」も「虚構」も入り乱れています。いずれ他のウワサも検証できれば良いな、と思います。



●今月のプリキュア視聴データ



 今回から、東芝映像ソリューションの視聴データから生成した「ヒーリングっどプリキュア」の視聴データを記載していきます(ねとらぼエンタ記事内に画像掲載)。



(この「視聴データ」は全国137万台以上の東芝テレビ<レグザ>から視聴データを収集したもので、ビデオリサーチ社のいわゆる「視聴率」とは取得方法や集計方法などが異なります)。



 「ヒーリングっどプリキュア」の関東広域(約55万台のレグザ)の視聴データは下記のようになっています(毎週の個別データから月平均を筆者が算出)。



(※ライブ視聴:生で見られた数、録画再生:録画で1回でも見られた数)



・プリキュアは録画視聴よりもライブ視聴の割合が高く、生で番組が見られる「ライブ視聴型」の作品である



・プリキュアのコロナ禍による再放送(4月26日〜6月21日)の影響により、視聴数、録画再生ともに若干減少してしまい、6月28日に本放送が復活してから若干数字を戻すものの、4月より低めの水準を維持しています



つまり再放送以降プリキュアを視聴する人は減ってしまい、再放送が「継続視聴」に悪い影響を与えてしまっていることが考えられます。



 ……などということが分かると思います。



※データは毎月更新していきます。



「ヒーリングっど プリキュア」毎週日曜8時30分よりABC・テレビ朝日系列にて放送中(C)ABC-A・東映アニメーション


このニュースに関するつぶやき

  • ラテ「長すぎる文字のかたまりが、mixiのお友達を苦しめているラテ…」ニャトラン「読まねぇでスルーしちまえばいいんじゃねぇか?」のどか「みんな!mixiをお手当てするよ!」…お大事に…������
    • イイネ!2
    • コメント 4件
  • https://photo.mixi.jp/view_photo.pl?photo_id=2334433248&owner_id=21795481「映画館で子供が泣いた為プリキュア同士の戦いは禁止になった。」えーっ!じゃあライダー同士が戦ってばかりの平成&令和ライダーの立場って一体w?
    • イイネ!10
    • コメント 8件

つぶやき一覧へ(14件)

オススメゲーム

ニュース設定