「コム デ ギャルソン」がサロモンとコラボ、軽量の厚底シューズとメリージェーンシューズを発表

0

2020年10月22日 21:12  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真                    コラボシューズ(3万8000円/税別、予定価格)                    Image by: コム デ ギャルソン
コラボシューズ(3万8000円/税別、予定価格) Image by: コム デ ギャルソン
 「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」が東京・南青山の本社で発表した2021年春夏コレクションに「サロモン(SALOMON)」とコラボレーションした新作が登場した。

 発表されたのは、サロモンのスニーカー「センスフィール(SENSE FEEL)」をベースにした厚底シューズ(3万8000円)と、リカバリーサンダル「RX シリーズ 3.0」の要素を取り入れたメリージェーンシューズ(2万5000円/いずれも税別、予定価格)の2型。いずれもアッパーにはメッシュ素材を採用し、軽量に仕上げた。カラーはホワイトとブラックの2色を展開する。約40年ぶりに日本で新作を発表したフロアショーでは、半数以上のルックの足元がサロモンとのコラボシューズだった。
 デザイナーの川久保玲はコラボについて「長年サロモンの靴を履いてきたため、共に仕事ができてとても嬉しいです。私がやりたいことをデザインに反映する際は、彼らの寛容さに感銘を受けました」とコメントしている。

コレクションレポート記事 コム デ ギャルソン川久保玲「不協和音がエネルギーを生む」 約40年ぶりに東京で新作発表
    ニュース設定