岡村隆史、ラジオで結婚会見「支えられ婚です」 アローン会は卒業&ナイナイ第2章へ

74

2020年10月23日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真22日深夜放送のニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)』(C)ニッポン放送
22日深夜放送のニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)』(C)ニッポン放送
 かつて「嫁が見える」と言っていた、ナインティナイン・岡村隆史(50)が本当に結婚した。かねてからリスナーに「結婚した時には神輿(みこし)を担いでほしい」と呼びかけていた岡村だが、コンビ時代、ピン時代を経て、今年5月から再び相方の矢部浩之(49)とコンビで行っている26年半の歴史を誇る、自身の“ホーム”であるニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)』(毎週木曜 深1:00)で“支えられ婚”を宣言。リスナーとゲストのaikoからの質問に照れながらもまっすぐ答えていく、さながら結婚会見となった。

【写真】アローン会とは?プライベート集合ショット

■電撃婚に芸人仲間もざわつく 「嫁が見える」岡村が迎えた結婚「ラジオで伝えたい」

 番組直前に流れた“電撃婚”の報道。芸人仲間からは祝福の声が相次いで寄せられ、東野幸治は自身のツイッターで「岡村おめでとう!みんなオールナイトニッポンこの後聴いて! 矢部いろいろ聞いて! 俺は寝るけど! おめでとう!」とツイート。千鳥・ノブも「えー!! 岡村さん!! おめでとうございます!! ラジオ聴こうー!!」とつぶやく中、よゐこの有野晋哉は「あいこまん(aikoの愛称)こんな夜に何 ラッキョ食わせとんねん #ナインティナインANN やる事あるやろ」「ブルーデイジーくれ」と愛あるツッコミのツイートし、裏番組のTBSラジオ『木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木曜 深1:00)の冒頭でも、おぎやはぎの2人が「オレたちも聞きたい」「電話したい」と祝福のコメントを寄せた。

 昨年4月の『岡村ANN』では、特別企画「はだかの王様岡村隆史の! ボクには嫁の姿が見えまスペシャル!」を実施。「パーソナリティー歴が四半世紀を超えると、常人には見えないものが見えるようになってきてしまうので、誰も見たことのない嫁を後輩の芸人さんに紹介したい」(公式ホームページより)という内容で、その日の放送で岡村は「リスナーのみなさんに、いつか神輿を担いでもらいなと思って、何かある時はやっぱりラジオで発表しようと考えていました」との言葉を残していたが、それから1年半後に有言実行する形になった。

 こうした流れの中で、ふいに訪れた“神輿を担ぐ日”。番組冒頭からそわそわした様子で通常運転をしていき、ゲストのaikoが登場し、特別企画「ドッキドキの初体験…!今日から矢部は!!」も実施。それも終えて、番組から46分が経過したタイミングで、矢部から促された岡村が「ストレートに結婚しました。どうしてもラジオで伝えたいということがありまして。お話できないことがずっとありまして。きょうまでなんとか協力してもらいながら、リスナーのみなさんに一番に伝えたいと思って…」と生報告。矢部が23日に49歳の誕生日を迎え、コンビの年齢が“99”になる節目の日でのめでたい発表となった。

■aiko“記者”が結婚のいきさつを聞き出す アローン会にも激震

 ここからは、aikoが“記者”となって、リスナーからのメールをもとに結婚までのいきさつを聞き出していく時間へと突入。お相手の女性とは、途中連絡を取らない時期もあったものの10年来の付き合いがあったようで、岡村は結婚の決め手について「真面目な話ですけど、ここ半年くらい本当に支えてもらったんです。ラジオで失言してしまったことあったんですけど、叱ってくれたし支えてくれたし、本当に助けてもらったっていうのが大きいと思います」と打ち明けた。

 結婚にあたっての両親へのあいさつについても「初めてのことやから、スーツで行きましたよ(笑)。ネクタイ締めて、緊張しました。どういうごあいさつがええのかっていうのも、ネットで調べたら『雑談から入って、良きところでご自身で』って書いてあったのよ、ところがご両親目の前にした時に言われへんのよ。それを察してくれはったのか、向こうのお父さんが『きょうは大安吉日ですよ』って助け舟を出してくれはって。ここやって思って」と緊張の一瞬を回顧。婚姻届の証人は、同級生の鈴木健介さんが務めたようで「この生放送に合わせたかったので、それまでばれないようにっていうことで。すごく遠いところに出しに行きました」と語った。

 相方の矢部は、岡村からの報告について「月曜日の『ぐるナイ』の本番前のトイレで会って、すれ違った時に『ちょっと電話してええ?』ってニコって笑って。そこでピンときて、それが報告みたいに受け取っている」としながらも「心の準備はできていたから。オレはこれからするから、どうしていこうかっていう話かと思った。もしかしたら年内とかかなって思ったら、電話で『結婚しました』って言われてびっくりした」と事後報告となったことへの驚きを口に。

 岡村といえば、名誉会長の坂田利夫を筆頭に、顧問の明石家さんま、会長の今田耕司、部員の又吉直樹らというメンバー構成からなる「アローン会」で部長を務めている。今回の結婚について、岡村は今田に「ちょっとお時間ありますでしょうか」とのLINEを入れたところ、今田から「うわまさか」との返信があったと回顧。「そこでお電話させていただいて。『結婚しました』って言ったら『へっウソやん、マジか』って。アローン会メンバーには『会長のオレからさせてもらう』ということだったので、岡村が退会するのは伝わったんだと思います。アローン会は卒業となります」と語った。

■裏番組のおぎやはぎとの生電話再び 相方・矢部の“公開祝辞”「新しい笑いを2人で」

 さんまからは「ウソやんって、お笑い1個なくしたな」と“お笑い怪獣”らしい返答。そんな中、リスナーからのメールでおぎやはぎからの呼びかけを知った岡村は、2018年以来となる局の垣根をこえた共演に意欲。電話を手に取り、TBSラジオの『メガネびいき』のスタジオへとつなぐと、『JUNK』を担当している宮嵜守史氏が電話口で受け取り、ほどなくしておぎやはぎとつながった。

 おぎやはぎが「岡村さん、おめでとうございます! ちょっと矢部さんの誕生日が薄くなっちゃっていて…。誕生日がなかったことになっちゃいますね」と笑いを交えて祝福。岡村が「面白いこと何にも言えてないです」と照れる中、結婚の決め手について「ラジオで大失敗しまして、その時にずっと本当に声をかけ続けてくれたんです」と明かすと、おぎやはぎも「傷を癒やしてくれた方なんだ」とかみしめるように語った。

 岡村が「ごめんなさいね、こういう感じになっちゃって」と話すと、矢作兼が「確かに面白くはないですね」と笑い声でコメント。岡村が「それを言わないでよ。矢作くん、ストレートに言わないように(笑)」と切り返すと、矢作が「でも、面白さなんていらないですもんね」と話した。その後も、アローン会の退会後に、小木博明による”チームオクトーバー”の加入トークなど盛り上がった中で、岡村が「ちゃんとまた、おぎやはぎさんの方にメロンを持って行かせてもらいます」と呼びかけ、歴史的な共演が幕を閉じた。

 その後、aikoと3人で喜びの「ボーイフレンド」を生歌唱。最後には、矢部から岡村への“公開祝辞”が寄せられた。「岡村さん、ご結婚おめでとうございます。仕事のパートナーとして結婚しないのは、それは面白いことだと思いますし、なんて言うんでしょう、どっちにも対応はできていたなと思います。1個だけ気になっているのは、ちょっと騒がせました公開説教で『例えば結婚して景色を変えてみたら』って言ったことでの結婚じゃないと思っています、本当によかったと心の底から思います。絶対新しい笑いとか、出来事とか起こるので、また新しい笑いを2人で作っていけたらなと思います。最後に面白くなくてすみません」。

 アローン会を“卒業”することになった岡村は「何の面白みないけど、支えられ婚、ホンマひとり暮らしがずっと長かったし…。すごく感謝している」と照れながらも“ラジオ”で自身の思いを伝えていった。きょう23日をもって、2人の年齢を合わせると“99”歳となったナインティナインの第2章が幕開けとなる(ラジオの模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる)。

◆岡村隆史(おかむら・たかし)1970年7月3日生まれ。大阪府出身。1990年4月に高校のサッカー部の後輩・矢部浩之とナインティナインを結成。1992年「ABCお笑い新人グランプリ」、93年「上方お笑い大賞」受賞。俳優として『岸和田少年愚連隊 BOYS BE AMBITIOUS』で97年「ブルーリボン賞・新人賞」、『てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜』で2011年「日本アカデミー賞・話題賞俳優部門」を受賞。

このニュースに関するつぶやき

  • イニエスタに似てきたんじゃない?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 昔から見てきてめちゃイケやぐるナイでいっぱい笑わせてもらった芸人。一生独身やと思ってたから凄く嬉しい報告やわ。岡村おめでとう!幸せになれよ\(^o^)/ https://mixi.at/agvBtTW
    • イイネ!21
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(41件)

ニュース設定