古川登志夫VS神谷明、再び“チキン”対決 話題動画2弾に山本百合子も参加で『北斗の拳』集結

52

2020年10月23日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真WEB動画「シーチキンチキン バトルズ イン ザ ギャラクシー」のビジュアル
WEB動画「シーチキンチキン バトルズ イン ザ ギャラクシー」のビジュアル
 声優・古川登志夫と神谷明が声で出演する、はごろもフーズとプリマハムのコラボ商品『シーチキンチキン』のWEBムービー第2弾が23日、公開された。

【動画】「アタタタタっ!」北斗の拳並の対決をする古川登志夫VS神谷明

 この動画は、昨年公開された『シーチキンチキン』WEBムービーの第2弾で、第1弾では海のチキン・マグロと陸のチキン・ニワトリの、88年におよぶ「チキン」の称号をかけた壮絶な戦いが描かれた。

 キャラクターの声を担当したのは、マグロ役を『ONE PIECE』エース役、『ドラゴンボール』シリーズ・ピッコロ役などで知られる古川登志夫、ニワトリ役を『北斗の拳』ケンシロウ役などの神谷明を起用し、“声”のみで表現した迫真の演技が大きな話題となった。

 第2弾は『シーチキンチキン バトルズ イン ザ ギャラクシー』として、古より続くマグロとニワトリの争いは、戦いの末に『シーチキンチキン』が爆誕したことで一段落したかのように見えたが、それぞれが今度は「自分こそがこの銀河で一番のチキンだ!」と主張を始めたことで、再び争いが勃発する。「銀河最強のチキン」の称号はどちらの手になるのか?  その姿が描かれる。

 再び古川と神谷が出演するが、古川はマグロ軍の兵士にして古の戦いで活躍した伝説の「キングマグロ」の子孫・マグロン。妻と子を守るために戦いに参加し、マグロこそが真のチキンと信じて戦う役どころ。

 一方、神谷は、マグロ軍と敵対するニワトリ軍を率いるエリートリーダー・チキンNo.1138。戦闘マシーンとしての教育を叩き込まれ長らく感情を失っていたが、妻と子の存在により愛情を取り戻していく…というドラマチックな設定のキャラクターとなっている。

 さらに今回は、『北斗の拳』ユリア役で古川、神谷とも共演歴のある山本百合子が新たに出演。マグロンの妻マグロラと子マグロ、チキンNo.1138の妻チキンNo.2245とヒヨコという複数キャラを担当し、出撃する兵士たちの身を案じる慈愛に満ちた妻、子どもたちの無邪気な声を披露する。古川は「お互いの芝居も呼吸も熟知している三人なので、同窓会的楽しさも加わって、最高にうれしいキャスティング」と喜び、アニメに対して神谷は「壮大なスケールと迫力には圧倒された」と絶賛。なお、この動画では古川も神谷も複数キャラ担当している。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • ナレーション(CV:千葉繁)
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 北斗で共演してたって書くなら何故古川さん「シン」の声優と真っ先に書かないんだ?
    • イイネ!28
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(30件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定