名古屋、MF青木亮太の大宮への期限付き移籍を発表「成長のため新たなチャレンジを決断」

4

2020年10月23日 17:21  サッカーキング

  • 限定公開( 4 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真名古屋が、青木の大宮への期限付き移籍を発表した
名古屋が、青木の大宮への期限付き移籍を発表した
 名古屋グランパスは23日、MF青木亮太が大宮アルディージャに期限付き移籍することをクラブ公式サイトで発表した。期限付き移籍期間は、2021年1月31日までとなる。

 青木は 1996年生まれの24歳。東京ヴェルディジュニアユース出身だが、中学校卒業後はユースへの昇格ではなく流通経済大学付属柏高校への進学を決断した。2014年には、名古屋へと入団。2015年には左ひざ前十字靭帯断裂および外側半月板断裂、膝蓋骨脱臼という重傷を経験したが、長いリハビリの末に見事負傷を乗り越えた。今シーズンは、明治安田生命J1リーグで1試合、ルヴァン杯で2試合に出場するのみで、出場機会に恵まれなかった。

 移籍に際し、青木は名古屋のクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「このたび、大宮アルディージャに期限付き移籍することとなりました。このタイミングでチームを離れることはすごく悩みましたが、自分の成長のため新たなチャレンジをする決断しました。また、皆さんの前でプレーできるように頑張ってきます」

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定