ハンドメイドのオンラインマーケットプレイスを運営するクリーマ、11月に東証マザーズ上場へ

1

2020年10月23日 17:22  Fashionsnap.com

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真                    クリーマ公式サイトより
クリーマ公式サイトより
 ハンドメイドのオンラインマーケットプレイス「クリーマ(Creema‎)」を運営するクリーマが、東京証券取引所マザーズ市場への新規上場を承認された。上場予定日は11月27日。

 クリーマは、丸林耕太郎代表取締役社長が赤丸ホールディングスの社名で2009年3月に設立。2010年に「本当にいいものが埋もれてしまうことのない、フェアで新しい巨大経済圏を確立する」を目標に掲げ、創作活動に取り組むクリエイターと消費者がオンライン上で作品を売買できるCtoCマーケットプレイス「クリーマ」のサービスを開始した。2014年に現商号に変更。現在クリーマには約20万人のクリエイターによる1000万点以上の作品が出品されており、国内最大級のハンドメイドマーケットプレイスに成長した。
 上場に際し、11万3000株を公募。主軸サービスのクリーマやクラウドファンディングサービス「Creema SPRINGS」などの既存サービスへの投資を加速すると同時に、クリエイターの活動を応援するプラットフォームの構築に向け新しいサービスを順次拡充していくという。
関連記事 クリーマ、千秋主宰「ハローサーカス」事業と商標権を取得

■クリーマ
    ニュース設定