『ダイの大冒険』魔王ハドラー復活、アバンの嫌な予感が的中 【第4話】

0

2020年10月23日 18:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真アニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』場面カット(C)三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京(C)SQUARE ENIX CO., LTD.
アニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』場面カット(C)三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京(C)SQUARE ENIX CO., LTD.
 テレビ東京系で放送中のアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』(毎週土曜 前9:30〜)の第4話先行場面カットが23日、公開された。

【画像】ハドラー復活に恐怖するポップ…第4話の場面カット

 第4話「魔王ハドラーの復活」では、火竜変化呪文(ドラゴラム)でドラゴン化したアバンは容赦なくダイを攻撃する展開に。ダイはナイフで応戦するも、鉄よりも固いドラゴンの皮膚には歯が立たず、アバンが吐き出す炎を破るためには、力の技・大地斬ではなく、スピードの技・海波斬が必要だった。そして、修業を終えたその時、邪悪な力を持った何者かが島に入ってこようとする気配を感じ取る。アバンの嫌な予感は的中し、マホカトールの結界を破ってアバンたちの前に現れたのは、最悪の存在であった…。

 『ダイの大冒険』は、1989年から96年まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた人気漫画が原作。魔法が苦手だが勇者に憧れている主人公・少年のダイが、ある日、島を訪れた“勇者育成の家庭教師”アバンに才能を認められ、勇者になる特訓をする。そして、秘められた力を開花させ、アバンの弟子・ポップ、マァムら仲間とともに復活した魔王を倒し平和を取り戻すべく旅に出る冒険活劇。今回のアニメは、約28年ぶりの完全新作となる。

 また今回、アニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』のBlu-rayが、来年1月29日に発売されることが決定した。(価格1万8000円 税別)

■キャスト情報
ダイ:種崎敦美
ポップ:豊永利行
マァム:小松未可子
レオナ:早見沙織
アバン:櫻井孝宏
ヒュンケル:梶裕貴
ハドラー:関智一

    オススメゲーム

    ニュース設定