マスク着用中の保湿でほうれい線予防!保湿コスメレシピ2つ

1

2020年10月23日 19:30  つやプラ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン
40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

昨今、マスクを長時間着けていることで起こる「マスクほうれい線」にお悩みの方が増えているようです。帰宅してメイクを落とし鏡を見た時に、ドキッとするのはさけたいものですよね。

ウエルネス&ビューティーライター、アロマコーディネーターの筆者が、マスク着用時にこそ行いたいスキンケアメソッドをご紹介します。

■マスクで表情が見えないことも原因?

マスクを着けている時は表情が伝わりづらく笑顔になる回数が減ると、口元をあまり動かさなくなります。その結果、口の周りの筋肉が衰えると口角が下がりやすくなり、ほうれい線ができる原因につながります。

コミュニケーションのためにも、まずはもっと笑顔でいることを心がけましょう

■マスクをしていると、思ったよりも乾燥している

マスクで覆われている肌の部分は、しっとりとうるおっているようでも実はとても乾燥しています。肌の温度が上がることで、肌の水分が蒸発しやすい状態になっているのです。

これが、ほうれい線の大きな原因になっている場合があります。特に、秋から冬に向かう季節は、外気の乾燥が進むため、いっそう念入りな保湿が必要になります

■肌に負担をかけない正しい洗顔を

きちんと洗顔をしているつもりでも、肌にダメージを与えている場合もあります。肌に負担をかけない正しい洗顔を実践しましょう。

(1)朝も夜も、きちんと洗顔料を使いましょう。「朝の洗顔はお湯だけ」という方も多いようですが、睡眠中にも汗や皮脂が出ています。その後のスキンケアの効果をきちんと感じるためにも、洗顔料を使って汚れをオフしてください。

(2)洗顔料は十分に泡立ててください。洗顔料の泡立てが不十分だと、洗顔料が汚れを吸着する力が弱まり、摩擦も起こりやすくなります。洗顔料にお湯を少量ずつ数回に分けて加え、空気を含めながら弾力のある泡を作りましょう。

(3)泡を洗い流したら、タオルをそっと肌にあてるようにして水分を拭きとってください。タオルでゴシゴシと拭いてしまうと摩擦が起こり、肌の乾燥が進みやすいです。

■マスク着用中に行いたいスキンケア2つ

「マスクほうれい線」対策のために、外出中でもスキンケアを行いましょう。保湿効果の高いエッセンシャルオイルで作るスキンケアコスメのレシピとともにご紹介します。

(1)こまめに保湿ミストを使う

マスクを外した時は、こまめに保湿ミストでうるおいを与えましょう。気分転換にもなります。

保湿ミストのレシピ

材料

・無水エタノール 5ml

・ゼラニウム 3滴

・精製水 45ml

・スプレー容器

作り方

スプレー容器に全ての材料を入れ、よく振ってお使いください。

(2)ミストの後はオイルをプラス

マスクで蒸れた肌を拭きとった後は、肌の水分量がかなり蒸発している状態です。ミストでうるおいを与えたら、オイルでフタをしてください。ロールオンタイプのオイルを使うと、出先でも便利にケアできます。

ロールオンオイルのレシピ

材料

・ホホバオイル 10ml

・ゼラニウム 3滴

・イランイラン 3滴

・竹串

・ロールオン容器

作り方

ロールオン容器に材料を加え、竹串でしっかり混ぜ合わせます。ほうれい線が気になるところにそっとなじませてください。

エッセンシャルオイルを使った手作りスキンケアコスメは、マスクによるストレスを和らげる効果も期待できます。ぜひ、化粧ポーチの中にミストとロールオンオイルをいつも忍ばせておいてくださいね。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定