IGTC:2021年は全4戦での開催に。鈴鹿10時間は8月21〜22日に開催予定

0

2020年10月23日 23:41  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2019年の鈴鹿10時間のスタートシーン
2019年の鈴鹿10時間のスタートシーン
 10月23日、トタル・スパ24時間が開催されているスパ・フランコルシャンで、SROモータースポーツ・グループがプレスカンファレンスを開催し、世界5大陸のサーキットで争われるGT3カーの国際シリーズ、インターコンチネンタルGTチャレンジの日程を発表した。2021年は全4戦で争われることになる。

 インターコンチネンタルGTチャレンジは、SROが開催するGT3シリーズの頂点に位置するもので、世界5大陸の耐久レースに冠をかけ、ヨーロッパの主要マニュファクチャラーを中心にシリーズが争われている。

 この日行われたプレスカンファレンスで発表されたスケジュールは、すでに海外渡航制限による中止が発表されているオーストラリアのバサースト12時間はカレンダーから外れたものの、本来予定された2020年と同様のサーキットで全4戦がスケジュールされた。

 開幕戦はシリーズ最大のイベントで、7月31日〜8月1日に予定されているトタル・スパ24時間。第2戦は8月21〜22日に開催される鈴鹿10時間となった。今季も開催されたインディアナポリス8時間は10月16〜17日に開催。南アフリカで開催されるキャラミ9時間は12月に設定されたが、詳細な日程は発表されていない。

インターコンチネンタルGTチャレンジ 2021年カレンダー
第1戦 7月31日〜8月1日 トタル・スパ24時間
第2戦 8月21日〜22日  鈴鹿10時間
第3戦 10月16日〜17日  インディアナポリス8時間
第4戦 12月       キャラミ9時間
    ニュース設定