アンジェラ芽衣、『仮面ライダーセイバー』レギュラー加入「全身全霊」をかけた熱演を約束

124

2020年10月24日 10:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『仮面ライダーセイバー』新キャラクター・神代玲花役でアンジェラ芽衣がレギュラー出演。11月8日放送の第9章から登場 (C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
『仮面ライダーセイバー』新キャラクター・神代玲花役でアンジェラ芽衣がレギュラー出演。11月8日放送の第9章から登場 (C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
 テレビ朝日系で放送中の『仮面ライダーセイバー』(毎週日曜 前9:00〜9:30)に、10頭身モデルとして人気のアンジェラ芽衣が、突如現れた謎の使者・神代玲花(しんだい ・れいか)役でレギュラー出演することが発表された。11月8日放送の第9章から登場する。

【写真】メインキャストの3人(内藤秀一郎、山口貴也、川津明日香)

 アンジェラは、モデルとして「東京ガールズコレクション」をはじめ、数多くのファッションショーに出演するほか、バラエティー番組でも活躍。アニメ、ゲームが大好きな“オタク系女子”としても知られている。今年9月に配信が開始されたドラマ『アキハバラ@ DEEP2.0』では演技初挑戦ながら、超元気キャラを表情豊かに演じていた。『仮面ライダーセイバー』は、初の地上波ドラマ作品で、特撮ヒーロー作品に携わるのも初となる。

 小学生の頃、母親と一緒に『仮面ライダー電王』(2007年)にハマっていたというアンジェラは「私の中でも思い入れのある仮面ライダーに出演させていただけること、心からうれしいです」と、オファーに大感激。「演技経験自体が少なく、スタートは共演者の皆さんより遅いですが、神代玲花として全身全霊、精一杯努めさせていただきますのでよろしくお願いいたします」と意気込んでいる。

 『仮面ライダーセイバー』は、剣と本をモチーフにしたファンタジー活劇。主人公・神山飛羽真/仮面ライダーセイバー(内藤秀一郎)をはじめとする個性豊かな剣士たちの戦いぶりと謎に満ちあふれた壮大なストーリーを繰り広げている。

 新たに登場する玲花は、世界の均衡を守ってきた剣士たちの組織“ソードオブロゴス”の基地、“ノーザンベース”に突如現れた謎の使者。ソードオブロゴスのもうひとつの基地 “サウザンベース”に所属しており、セイバーの力を見極めるためにノーザンベースに接触を図っているようなのだが、その理由は不明。いったい彼女の真の目的とは何なのか。今後のセイバーたちの運命にも深くかかわっていくことになる。

 玲花は「謎の多いクールビューティー」なキャラクターということで、「普段の私自身とかけ離れている性格なので、撮影時には出番前に毎回、『私はクールビューティー、私はクールビューティー…』と自分に言い聞かせています(笑)」と明かしている。

このニュースに関するつぶやき

  • 子供の夢をたくさん与える事。でも大人の世界では視聴率をたくさんあげないといけない。だから次々と話題を作る。しかし、ネタが尽きて八方塞がりで無理に話を広げる結果飽きられる。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • セイバーで一瞬、Fateを実写化するのかと思ったら、仮面ライダーだった。
    • イイネ!32
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(84件)

オススメゲーム

ニュース設定