年下彼氏たちに聞いた! 年上彼女の「実はちょっと不満」なトコロ4つ

0

2020年10月24日 10:31  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
年下彼氏との付き合いで、年齢による悩みはあるでしょうか。一般的には、頼りがいに欠ける、自分がリードしなければいけないなどの悩みが挙がりやすいものです。

彼女との“別れ”を決意した瞬間 #1「かわいい顔が…」

年齢問わず、付き合う相手の悩みは多かれ少なかれありますが、たとえば年下彼氏から見て年上彼女に対する不満があるとすれば、どんなものがあるのでしょうか。

今回は、年下彼氏たちに聞いた、年上彼女の実はちょっと不満なところを集めてみました。

年下男性と付き合っている女性から、年下男性が気になっている女性まで。相手の男性の気持ちを理解するヒントとして、ぜひ参考にしてみてくださいね。

■年上彼女の「実はちょっと不満」なトコロって?

■1: 甘えてきてくれない

「可愛がってくれるのは嬉しいけど、甘えてきてくれることが少ないかな」と話すのは、20代会社員のMさん。

「彼女を見ていると、歳の近い友人に相談することが多いみたいで……」「年下だから力不足だろうけど、ちょっと寂しくなることがあります」とのこと。

たとえば仕事で疲れていたら、彼氏にスキンシップを取りながら甘える。ふたりの関係で悩んでいるなら、友人に愚痴をこぼして気持ちを発散するよりも、彼氏に直接伝える勇気を持つなど、彼氏に頼ることも大切です。

年下彼氏でも、日ごろ与えてくれているものは必ずあるはず。ぜひ、彼をもっと頼れるといいですよね。

でないと、「何のために俺がいるの?」と感じてしまう男性も少なくないでしょう。自分の弱みを見せることができて初めて、ふたりの関係は深まっていくのかもしれません。

■2: 自分の意見を言いづらい

20代会社員のSさんは、相手が年上であることに遠慮して、自分の言いたいことが言えないことに、少々不満を抱いているようです。

「彼女とは同業で、彼女のほうが経験も上だから、っていうのもあるんだけど……」「子ども扱いされたり、年上発言が過ぎたりすることが、たまにある」とのこと。

恋人である以上、大事な存在であることに変わりはないはずです。それゆえに、つい過保護になってしまったり、心配ゆえに年上として、厳しく助言したりすることもあるでしょう。

それでもパートナーであれば関係は対等ですし、どんなことでも打ち明けてこその恋人です。

お互いがその意識をしっかりと持つことで、少しずつ歳の差の不満は解消していくのではないでしょうか。

■3: 同棲や結婚の話が早い

女性のほうが年上だと、結婚につい焦ってしまう人もいるのではないでしょうか。30代会社員Tさんも、「将来の話のペースが自分よりも早いところ」と挙げています。

好きな人との結婚話なので、男性にとっても嬉しい話のはずですよね。しかし、もうちょっと時間をかけて付き合いたい気持ちがあるのかもしれません。

難しい問題ですが、相手としっかりと話し合いをしながら、無理のない付き合いをすることが、いい関係を生み出しそうです。

■4: 仕事が忙しくて構ってくれない

「相手が役職に就いているので、単純に仕事が忙しいところ」と、話すのは20代会社員のOさん。思うように構ってくれないことで、寂しさを感じる男性もいるようです。

お互いのタイプを見極めながらどう付き合っていったらいいのか。やはり、ふたりで考えることが大事ですよね。



誰と付き合っても、多かれ少なかれ不満はつきものです。

大事なのは不満が出てきたとき。それにどう付き合えるかが、ふたりの関係の境目になるのではないでしょうか。

その不満を乗り越えられたとき、ふたりはもっと深い関係になれる。ぜひ、そんな風に前向きに捉えながら、ふたりの関係を考えるきっかけにしてみてくださいね。

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定