マタニティーフォトのすすめ!期間限定の貴重な思い出を残そう!

0

2020年10月24日 13:00  mamagirl

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl

マタニティーは期間限定。スタジオでカメラマンに撮影してもらったり、自然体でセルフフォトをしたりとさまざまな方法がありますよ。

【詳細】他の写真はこちら



■マタニティーフォトとは?

出典:mamagirlLABO@ sayumikikunoさん

マタニティーフォトは、妊娠中の大きなおなかをした女性や家族を撮影した写真のこと。これから生まれてくるわが子を祝福する気持ちや、新しい家族の形のスタートとして記念の意味を込めて撮影する場合が多いようです。マタニティーフォトを撮影する場合は、安定期に入った後お腹の大きい妊娠中期から後期に行うのが正解です。

■マタニティーフォトのメリット
マタニティーフォトを撮影するメリットは、おなかの大きな今しかない姿を形として残せることです。写真撮影をして客観的に自分の姿を見ることで、自分のおなかの中でわが子が元気に育っていることを改めて実感でき、子どもが成長したときに妊娠中を振り返ることができるなどたくさんのメリットがあります。おなかにいた赤ちゃんが生まれて大きくなったら、親子そろってマタニティーフォトを見るのも良いですね。幸せそうな姿が写真に残っていると、ママはあなたに会える日を楽しみにしていたよ、と伝えることができそうです。


■マタニティーフォトのおすすめ撮影スポット
マタニティーフォトを撮ってみたいと思ったとき、どのようなシチュエーションで撮影するのが良いのでしょうか。




・リラックスできる自宅

出典:@ aran__mamaさん

妊娠中は体調の変化も起きやすく、撮影中に何かあったらと不安に感じる人は、自宅での撮影が良いでしょう。自宅で撮影する場合でも、おしゃれに着飾ったり、壁にウォールシールやガーランドなどでアレンジを施したりすると、特別なマタニティーフォトが撮影できますよ。自宅で撮影すると安いというメリットもあります。



・プロに撮影してもらえるスタジオ

出典:@ akurimiuraさん

マタニティーフォト経験者には、プロのカメラマンに撮影を頼んだという人も。記念に残すマタニティーフォトは普段の雰囲気とは違うおしゃれな衣装を着て、スタジオのセットの中できれいに撮影してもらうのもおすすめです。スタジオによっては、マタニティーペイントなど大きなおなかにイラストやメッセージを書いてもらえる場合もあります。



・セルフフォトでもおしゃれに決まるリゾート

出典:PhotoAC

海や山など自然が好きなら、リゾートでの撮影も可能です。出産後は旅行に行くこともままならないため、体調が落ち着いているなら、旅行も兼ねてリゾートでマタニティーフォトを撮影するのも良いかもしれません。大自然の中で撮影すると、セルフフォトでもおしゃれに決まりますよ。

■マタニティーフォトのおすすめポーズ
マタニティーフォトの決め手は、大きなおなかです。おなかの中の赤ちゃんを意識するようにポーズを決めるのが良いでしょう。




・これまでのエコー写真などもいっしょに撮影

出典:@ n.yu____mi さん

妊娠中の健診では、おなかで育っている赤ちゃんの写真をもらえることがあります。大きなおなかと、おなかの中にいる赤ちゃんが映されたエコー写真をいっしょに撮影すると、ママになる実感が沸いてきますね。



・親子でいっしょに赤ちゃんを迎えるポーズ

出典:@ n.yu____miさん

マタニティーフォトを撮影するときに、ママだけではなく、家族みんなで赤ちゃんを迎えるように撮影するのもおすすめです。パパやきょうだいとなる上のお子さんなどに、おなかをなでてもらうポーズをすると、幸せそうな雰囲気が伝わってきますよ。

■マタニティーフォトにおすすめ衣装は?
妊娠中着ることができる服には限りがあります。マタニティーフォトはおなかを圧迫しないような衣装がおすすめです。いつも着ているゆるめの衣装で、普段通りの自分を撮影しても、おなかを強調したマタニティードレスなどを着てみても良いでしょう。




・Tシャツとデニムでナチュラルに

出典:PhotoAC

ゆるめのTシャツとデニムでナチュラルな雰囲気を作ると、妊娠中でもリラックスしたママの姿を残すことができます。Tシャツを少し上げておなかを見せるようにして撮影するのもGOOD。



・マタニティードレスでおしゃれに

出典:@ aran__mama さん

マタニティーフォトをおしゃれに撮影したいなら、マタニティードレスもおすすめ。おなかをスッキリと出して撮影することができるデザインのドレスを着ると、おしゃれなうえにおなかを圧迫せず写真を撮ることができます。マタニティードレスを着てセルフフォトをするのも、スタジオでマタニティードレスをレンタルして撮影するのも、良い記念になりますね。



・普段着で自然体のマタニティーフォトに

出典:mamagirlLABO@ sayumikikuno さん

普段着で撮影するマタニティーフォトは、自然体のママの姿を写真に収めることができます。この服を着ていたときに赤ちゃんがよく動いていたなあなど、妊娠中にあったことなどの思い出が詰まった写真になりそうですね。

■マタニティーフォトがおすすめのスタジオ2選
マタニティーフォトを残すなら、通常の写真館よりもマタニティー専用の撮影プログラムが用意されているスタジオがおすすめです。




・スタジオアリス

『スタジオアリス』では、白を基調とした雰囲気でナチュラルなマタニティーフォトを撮影することができます。ママのやさしい雰囲気やあたたかい家族のワンシーンを残したい人にピッタリのスタジオです。マタニティーセミナーやキャンペーンを行っていることもありますよ。



・スタジオマリオ

何ポーズ撮影しても、家族といっしょに撮影しても追加料金のかからない『スタジオマリオ」。マタニティードレスも、いくつかの着こなしができるワンピースタイプをレンタルすることが可能です。妊娠中に起こりがちな体調不良で、撮影をキャンセルしなければならないときもキャンセル料がかからないこともポイントです。

■マタニティーフォトで幸せな気持ちを残そう

出典:mamagirlLABO@ sayumikikunoさん

妊娠中は、出産への不安や予期せぬ体調不良などで、心身が疲れてしまうときもあります。おしゃれなマタニティーフォトを撮影して、ハッピーな気分で出産に臨めると良いですね。
    ニュース設定