数字で紐解くマンU対チェルシー…注目のプレミア強豪対決を制するのは?

0

2020年10月24日 14:10  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真昨季のFA杯準決勝でも激突した両者 [写真]=Getty Images
昨季のFA杯準決勝でも激突した両者 [写真]=Getty Images
 24日に行われるプレミアリーグ第6節、マンチェスター・Uとチェルシーの一戦。マンチェスター・Uは今夏の移籍市場でブラジル代表DFアレックス・テレスやウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニらを、チェルシーはドイツ代表FWティモ・ヴェルナーや同国代表MFカイ・ハフェルツらを獲得したものの、両クラブは未だ波に乗れていない。今後のプレミアリーグ上位争いを占う一戦を前に、両クラブの対戦にまつわるデータを紹介する。

「3/4」
 マンチェスター・Uのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードは、出場したチェルシーとの公式戦直近3試合で4ゴールをマークしている。昨シーズン、両クラブはプレミアリーグ、FAカップ、カラバオ・カップの4試合で対戦した。チェルシーとのプレミアリーグ開幕戦で2ゴールを挙げると、2019年10月30日のカラバオ・カップのチェルシー戦でも2得点をマーク。2月17日に行われたプレミアリーグ第26節の対戦は負傷の影響で出場せず、7月19日に開催されたFA杯準決勝ではノーゴールに終わっている。

「7」
 チェルシーはマンチェスター・U相手の敵地リーグ戦直近7試合で勝ちがない(4分3敗)。オールド・トラフォードで最後に勝利したのは2013年5月のことで、当時はチェルシーに所属していた元スペイン代表MFフアン・マタ(現マンチェスター・U)がゴールを挙げ、1−0で勝利していた。昨シーズンは開幕戦で0−4と敗戦を喫している。

「2/2」
 今シーズン、マンチェスター・Uはプレミアリーグで苦しいスタートを切っている。開幕戦となった第2節のクリスタル・パレス戦を1−3で落とすと、第4節のトッテナム戦では1−6の大敗を喫した。他クラブよりは消化試合数が少ないものの、現在は2勝2敗で15位に沈んでいる。仮にチェルシーに敗れると、ホームでは開幕3連敗スタートに。これは1930−31シーズンだけの記録となっている。

「2」
 昨シーズン、チェルシーのフランク・ランパード監督はマンチェスター・Uとのリーグ戦2試合で2敗を喫した。開幕戦を0−4で落とすと、2月17日に行われた第26節のチェルシー戦でも0−2で敗戦。今回も敗れると、就任後最初のマンチェスター・U戦3試合で3連敗を喫する初めてのチェルシー指揮官となってしまう。

「33.253」
 カバーニが同試合でデビューを飾る場合、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ(現ミラン)に次ぐ高い年齢で初出場を記録したマンチェスター・Uの選手となる。イブラヒモヴィッチがマンチェスター・Uデビューを果たしたのは、2016年8月7日のコミュニティシールド、レスター戦。当時イブラヒモビッチは34歳だった。現在33歳と253日のカバーニは、チェルシーとのビッグマッチでプレミアリーグデビューを飾ることとなるのだろうか。
    ニュース設定