負傷者続出のマンC、ペップは今季の過密日程に苦言「選手がケガをするのは当たり前」

0

2020年10月24日 17:13  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真マンチェスター・Cのグアルディオラ監督 [写真]=Getty Images
マンチェスター・Cのグアルディオラ監督 [写真]=Getty Images
 マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督が、今シーズンについて語った。23日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節でポルトと対戦し、3−1で勝利を収めたマンチェスター・Cだが、同試合でブラジル代表MFフェルナンジーニョが負傷。これで同クラブはFWガブリエル・ジェズスとDFバンジャマン・メンディに加え、フェルナンジーニョも次戦のプレミアリーグ第6節ウェストハム戦(24日)の欠場が決定的となった。また、MFケヴィン・デ・ブライネ、DFネイサン・アケ、DFアイメリク・ラポルテの3選手は回復傾向にあるものの、出場可能かは未だ不透明な状態だ。

 取材に応じたグアルディオラ監督は、この負傷者が続出する厳しい台所事情について語った。今シーズンの過密日程に対して理解を示しながらも、苦言を呈している。

「私はサッカーを愛している。実際にプレーするのも、テレビで見るのも大好きだ。しかし、今の試合日程は選手たちにとってあまりにもハードすぎる。彼らには精神的にも肉体的にも休息がない状況だ」

「少なくとも、ヨーロッパで戦うチームにとっては試合が多すぎる。8〜10ヶ月という信じられないほどの試合数をこなすが、たった1〜2ヶ月の休みで、次のシーズンに向けた良い準備をしなければならない」

「だから選手がケガをするのは当たり前だ。もちろん仕方のないことだと分かっているが、私は毎日祈ることしかできない。まずは選手全員が問題なく試合を終えることができるよう、常に願っているよ」

 今シーズンのプレミアリーグではここまで4試合を戦い、2勝1分1敗の結果を残しているマンチェスター・C。果たして厳しいチーム状況を乗り越え、勝利を重ねることができるのだろうか。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定