町山智浩が1話ずつ深掘り解説!HBO「ラヴクラフトカントリー」配信

0

2020年10月24日 18:02  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真「特設Podcast”ラヴクラフトカントリーラジオ”」(C)2020 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.
「特設Podcast”ラヴクラフトカントリーラジオ”」(C)2020 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.
『ゲット・アウト』『アス』などのジョーダン・ピールとJ・J・エイブラムス、HBO(R)がタッグを組んだ「ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路」が10月24日(土)より日本独占初配信開始。

これを記念して、映画評論家・町山智浩氏が本作の内容を1話ずつじっくりと深堀り解説する「特設Podcast“ラヴクラフトカントリーラジオ”」が放送決定。このPodcastを通して、本作の歴史的、社会的背景に加え、文学や映画など幅広く探求しながら、本作のメッセージを紐解いていく。

1950年代の設定にしながら、“ブラック・ライブズ・マター”を訴える昨今の黒人差別反対運動に呼応するかのようなタイムリーな本作は、「いかにアメリカが変わっていないか」「いかに黒人が抑圧され日々恐怖を抱きながら生きているか」をリアルに描きながら、SF小説から飛び出したようなモンスターやゴースト、魔術の要素を加えたSFファンタジーホラー。


タイトルにもなっているH・P・ラヴクラフトとは、幻想小説・怪奇小説の先駆者のひとりで、“クトゥルー神話”の始祖として世界中のファンから愛されている作家。彼が生み出した世界観をもとに、本作では多重的に様々な要素を加えながら、人種差別について改めて考えさせるメッセージを新しい形で伝えている。


例えば、本作冒頭のバスのシーンに関して、Podcast内で町山氏は「主人公アティカスの隣に黒人のおばさんが座っていてるが、この人は1955年に白人専用のバスの座席に座って逮捕されたローザ・パークスという実在の人物です。彼女の逮捕を受けてキング牧師がバスボイコット運動を始めるのです」と解説。


その他、黒人が利用できる宿やレストランを記した「グリーンブック」の制作や、歴史には残らない黒人女性が歌うロックンロール、KKKの警察官によって隠ぺいされた黒人殺害事件、日没に黒人が出歩くと逮捕される町、といった史実が劇中でしっかり描写されていることが指摘される。より本作が語るものを理解するためにも、町山氏の解説Podcastは必聴となりそう。


また、Podcast第1回目の最後に町山氏は、ラヴクラフトが好きだけど黒人だという非常に画期的な主人公であることに触れ、「そんな面白いキャラクターが、ラヴクラフトの世界に出てくるような怪物が跳梁跋扈する中をどのように活躍していくのか? いまだかってない超面白そうなドラマが始まりましたね」とも語っており、本編の今後の展開にも期待が高まる。

特設Podcast“ラヴクラフトカントリーラジオ”は、10月24日(土)毎週土曜12時より「Anchor」「Spotify」「Youtube」にて公開。併せて、文字起こしもスターチャンネル公式noteにて掲載予定。



(text:cinemacafe.net)
    ニュース設定