クロップ監督、決勝点を挙げたジョッタを称賛「彼のクオリティが必要」

0

2020年10月25日 09:57  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真ディオゴ・ジョッタを称賛したクロップ監督 [写真]=Getty Images
ディオゴ・ジョッタを称賛したクロップ監督 [写真]=Getty Images
 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、同クラブのポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタを称賛した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が24日にコメントを伝えている。

 リヴァプールは24日、プレミアリーグ第6節でシェフィールド・Uと対戦。リヴァプールは13分にPKにより失点すると、41分にロベルト・フィルミーノの得点で同点に追いつく。64分、ジョッタがヘディングでゴールネットを揺らして、リヴァプールが逆転に成功。このまま試合は終了して、リヴァプールが2−1で勝利を収めた。

 クロップ監督は試合後、決勝点を挙げたジョッタについて言及。「彼はまだ、リヴァプールに適応しようとしている段階だ。リヴァプールが実践している多くのことは彼にとって慣れないことだろう」とした上で、「しかし、それはウルヴァーハンプトンとプレースタイルが違うというだけであって、彼はウルヴァーハンプトンで活躍していたレベルに近づいているよ」と述べた。

 同監督は「彼がすでにそのレベルに近づいているということは、彼がどれだけ優秀な選手であるか示している。彼はまだ23歳で未来が明るい。リヴァプールには彼のクオリティが必要だ」と称賛した。

「私は彼が全てを簡単にこなす選手だとコーチに言ったよ。足が速くてフィジカルが強く、空中戦も得意な良い選手だ。ピッチ上で我々が必要とするクオリティを持っていて、大いに役立っている」

 現在23歳のジョッタはゴンドマールSC(ポルトガル)の下部組織出身。2018年にウルヴァーハンプトンに完全移籍を果たすと、昨シーズンは公式戦48試合に出場して16得点6アシストを記録。プレミアリーグ7位でのフィニッシュに貢献し、今夏にリヴァプールに加入した。
    ニュース設定