せっかくもらった親の遺産も全部パー!無一文の原因は貢ぎ癖にあった〜その1〜

1

2020年10月25日 10:40  Suits-woman.jp

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Suits-woman.jp

写真写真

「やっと王子様が私の前に現れたと思ったら、止められなかったんです。お金って不思議ですよね。貯めるのは難しいのに、出ていくときは一瞬ですから」

浜中みなみさん(仮名・35歳)は都内のアパレル店員。大学卒業後に入社した会社に勤め続け、現在はエリアマネージャーを担当しています。20代のような若々しい容姿をしているので、年齢を聞いた時は驚いてしまいました。小柄ですがスラリと手足は細く、スタイルは学生時代からほぼ変わっていないのだとか。

職場では立場もあり、ルックスもパーフェクトなみなみさんですが、実はお金に困っているという最大の悩みを持っています。

「恥ずかしながら、今はほぼ無一文ってやつです。それまでは親の遺産があったので、生活に困ったことはありませんでした。アパレルってお給料が少ないんですけど、それでも困らなかったのは完全に遺産のおかげ。それに元々お金遣いも荒くなかったので……」

どうやら若くしてご両親を亡くし、20代前半で2000万ほどの遺産を手にしたそう。就職直後に二人が事故死してしまったため、精神的にも不安定だったそうです。

「働き始めてすぐ両親の訃報。もう頭が真っ白になって、どうしていいか分かりませんでした。仕事も覚えなくちゃならないし、東京にも慣れてないし、一番気持ちが弱っていたそんな時に、です。一人っ子なので、相談できる兄弟もいません。ただ職場の人がとても優しくて、新人の私にすごく気を遣ってくれました。だからこの職場でずっと頑張ろうと思ったんです。もう、勤めて10年以上経ちますね」

話をしていると彼女はとても真面目そうで、物腰も柔らかい。物凄く"いい人"な雰囲気を感じました。勝手なイメージですが、散財をしたり、ギャンブルに使ったりといった印象が全くないのです。そんなみなみさんがなぜ、お金に困ってしまったのでしょうか?

「非常に言いづらいのですが、好きな人がいたんです。実はその彼に、持っていたお金をほとんど使ってしまいました。もう運命の相手だ!と思ったら、自分の気持ちも行動も止められなくって」

憧れの彼と再会、恋に堕ちる

33歳の時に彼と出会い、すっかり夢中になってしまったと言います。実はこの男性、Sさん(仮名)はみなみさんが20代の時に気になっていた相手だそうで……

「大学の時に合コンをして、その時知り合っているんです。S君は8個上なので、当時は30歳。大手企業の商社マンでした。昔は私も奥手で告白できず、そのままで終わってしまったのですが……偶然Facebookで繋がり、再会を果たしたんです」

彼の方からコンタクトが来たそうで、眠っていた恋心が再熱。昔話に花を咲かせ、数年ぶりにデートをすることになったのです。

「合コン後、デートしたのは三回だけ。当時彼のことはすごくいいなぁと思っていたのですが、どうせ彼女がいるだろうと少し諦めた気持ちでいました。そこからなんとなく会わなくなってしまって……。だから連絡が来た時は驚きましたし、単純に嬉しかったですね」

再会した彼は当時とほぼ変わっておらず、みなみさんもテンションが上がってしまったとか。両親を亡くした事を話すと親身に聞いてくれ、その優しさにより惹かれてしまったと言います。

「アパレルって、基本的に出会いがないんですよね。女性だけの職場だから、自ら出会いを求めに行かないと難しい。うちの職場も結婚している人はほぼいません。彼氏持ちも少ないですし、私も彼と再会するまでは5年くらいフリーでした。実は今まで彼氏も、数えるくらいしかいませんよ」

これだけ素晴らしいルックスを持っているのに、5年間フリー、付き合った人数も少数とは驚きです。平日休みで連休も取りづらいため、なかなかサラリーマンとの出会いもないのだとか。

「だからこそ、商社マンの彼とはチャンスだ!と思ったんです。再会後はお互い楽しくって、たまにご飯に行く生活をしていました。
S君も独身でしたし、これはもう運命かもな〜なんて舞い上がっていましたよ」

ですがみなみさんは、Sさんへちょっとした疑問を持っていました。それは毎回毎回、金額の安い飲食店にしか行かないということ。

「大手企業の商社マンでそこそこの年齢なのに、なんでいつも大衆居酒屋なんだろうとは思ってましたね。しかもキッチリと割り勘です。それを同僚や友人に話したら"有り得ない!"と言われましたけど……。私も付き合っているわけじゃないので、まぁ仕方ないかくらいにしか考えていませんでした」

彼とはみなみさんはロードバイク好きという共通点が一つあり、その話題で頻繁に盛り上がっていたそう。サイクリングデートを重ね、距離は一気に縮まっていくのですが……

「昔からフィットネスとして始めたロードバイクが、まさかの共通点に。ここで更に運命を感じてしまい、週一でサイクリングをしていました。S君はかなりいいモデルのを持っていたので、私もお揃いにしたいな〜と思い、遺産を使って買ってしまったんです」

ロードバイク沼は深く、100万、200万とつぎ込む人も多いとか。

手に入れたロードバイクの価格は40万程度。そんなみなみさんの行動を見て、彼は遺産に目をつけ始めます……。突然再会した彼は何を考えているのか?〜その2〜へ続きます。

前日のランキングへ

ニュース設定