『35歳の少女』 “望美”柴咲コウ、“母”鈴木保奈美へ25年越しの「ありがとう」にネット感涙

1

2020年10月25日 13:02  クランクイン!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真『35歳の少女』第3話場面写真 (C)日本テレビ
『35歳の少女』第3話場面写真 (C)日本テレビ
 女優の柴咲コウが主演を務めるドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の第3話が24日に放送。25年間、娘の介護を続けた母・多恵(鈴木保奈美)と望美(柴咲)が抱き合うシーンにネット上では「やっと親子のようになれた」「涙が止まらない…!」との声が寄せられた。

【写真】“望美”柴咲コウと“多恵”鈴木保奈美の25年ぶりの抱擁に感動の声

 本作は、10歳の時に不慮の事故で長い眠りにつき、25年後に目覚めた女性の、“時をこえた”成長物語。“35歳の少女”である主人公・時岡望美を柴咲が、望美の初恋の相手・広瀬結人を坂口健太郎が演じる。

 家族に成長宣言した望美は、大人に近づこうと努力をするが、なかなかうまくいかない。そこで望美は、教えることが得意な結人に勉強を見てもらいたいと母・多恵に相談する。しかし、結人をよく思っていない多恵に反対されてしまう。

 望美が多恵に隠れて結人と会うようになっていたある日、酒に酔った望美を家まで送ってきた結人に多恵は憤慨。望美の連絡先を削除するよう結人に告げたうえ、望美の部屋に監視カメラを設置し、望美の行動を見張るようになる。

 そんな多恵に思わず「こんなの、あたしが大好きだったママじゃない!」と告げてしまった望美は、その後反省。そして、目覚めてからやり忘れていた“大切なこと”を思い出す。

 それは、25年間自分の介護を続けてくれた多恵へ感謝を伝えること。望美は「あたしは、本当に大切なことをまだやっていないことに気づきました。それは、ママを抱きしめて、ありがとうって言うことです。ママにギュッとしてもらって、よかったねって言ってもらうことです。それが一番大切なのに、今まで忘れていてごめんなさい」と手紙で伝えると、多恵は「よかったね」と笑顔を浮かべて優しく望美を抱きしめるのだった。

 望美が目覚めてから笑顔を見せていなかった多恵の穏やかな表情に、ネット上の視聴者からは「ママの笑顔に号泣」「やっと親子のようになれた」「ママの心が早く癒されますように」「涙が止まらない…!」と反響が寄せられた。
    ニュース設定