スターフライヤー、羽田空港第1ターミナルに集約

2

2020年10月25日 14:01  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

スターフライヤーは、10月25日より、羽田空港のすべての発着便を第1ターミナルに集約した。

10月24日までは、北九州・福岡線は第1ターミナル、大阪/関西・山口宇部線は第2ターミナルを使用していた。チェックインカウンターはこれまで同様、南ウイングとなる。

これにより、共同運航(コードシェア)を行う全日本空輸(ANA)便名で利用する場合、ラウンジや優先チェックインカウンター、専用保安検査場の利用はできなくなる。

スターフライヤーの東京/羽田発着便は、北九州線1日11往復、福岡線同8往復、大阪/関西線同5往復、山口宇部線同3往復の1日あたり27往復を運航している。

このニュースに関するつぶやき

  • 親方全日本空輸の上客には使いにくくナルから妹分のコードシェア便が
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 繁盛してもドラゴンが儲かるだけの福岡空港捨てて新しい空港造る話はどうなったとや〜w?
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定