「小田急ロマンスカーカレンダー」一般公募の写真使用は今回が最後

5

2020年10月25日 14:21  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
小田急電鉄は、2021年用の壁掛けカレンダー「小田急ロマンスカーカレンダー」を10月23日に発売した。一般公募の写真を使用して作る「小田急ロマンスカーカレンダー」は今回が最後となることから、「四季折々の風景を駆ける思い出のロマンスカー」をテーマに、歴代すべてのロマンスカーを対象に作品を募集した。

過去最多となる全1,364件の応募の中から、最優秀賞の「GSE」や、入選作品として選ばれた「SE」「LSE」「RSE」など、多彩なロマンスカーを掲載した。A3サイズ28ページ中綴じで、価格は1,100円。小田急線各駅、小田急グッズショップ「TRAINS」などにて、8,000部限定で発売される。

カレンダーに採用された受賞作品については、鉄道写真家の諸河久氏のコメントとともに、11月上旬から小田急電鉄サイトでも紹介する予定となっている。(佐々木康弘)

このニュースに関するつぶやき

  • 昨晩別方向で話題になってしまったRSEは誰か応募するのだろうか(笑)
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • こういうの 嬉しそうに販売するから 同じような目的で”撮り鉄。”という名前の盗撮犯が発生するんじゃないですかね?盗撮犯にストーカー、住居不法侵入に篭城などと同じ刑罰にして欲しいっす。
    • イイネ!5
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定