上白石萌音、歌唱力の高さも話題のアルバムが“超豪華版”で新たにリリース

0

2020年10月26日 10:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

上白石萌音の初のオリジナルフルアルバム『note』の超豪華版『note book』のリリースが決定した。


今年8月26日にリリースされ、オリコンウィークリーチャート3位を記録し、収録される楽曲の提供アーティストらの豪華さとそれらの多彩な楽曲たちを伸びやかに歌いこなす上白石の歌唱力の高さが話題となっている、初オリジナルフルアルバム『note』。今回装いを新たに高音質で楽しめるデラックスエディション『note book』として12月23日に発売されることが発表された。


上白石が以前より敬愛する、内澤崇仁(androp)、大橋トリオ、GLIM SPANKY、n-buna(ヨルシカ)、野田洋次郎(RADWIMPS)、橋本絵莉子(元チャットモンチー)、水野良樹(いきものがかり)、YUKIなどが楽曲提供したアルバム「note」の音源は、新たにUHQCDとして収録される。UHQCDとはUltimate High Quality CDの略で、スタジオで録音された原盤に忠実な音質で再生できる高音質CDのこと。(※CD規格に準拠しており、既存のプレーヤーで再生可能)


そしてこのデラックスエディション『note book』には、先日行われた初のオンラインライヴ『i note』のライヴ音源が収録されるCDと、サブスク2,550万再生を超える人気楽曲『ハッピーエンド』の完全新撮ミュージックビデオとメイキング映像DVDが付属し、アートワークも未公開写真とライヴ写真などを加え新たに構成される豪華内容となるという。


女優としてだけでなく、歌手としての実力も評価の高い上白石。図らずともこのコロナ禍で心に寄り添う曲となった「夜明けをくちずさめたら」や、上白石の歌手としての新たな一面を引き出すこととなったロックチューン「From The Seeds」、壮大なバラードに伸びやかな歌声を響かせた「一縷」など、聴き応え十分な作品である初のオリジナルフルアルバム。超豪華版にも注目だ。


    ニュース設定