ANA、NESTEから持続可能な航空燃料を調達 日本発定期便で使用

0

2020年10月26日 16:42  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

全日本空港(ANA)は、持続可能な航空燃料(Sustainable Aviation Fuel、SAF)を製造する、フィンランドのNESTEから燃料を調達し、日本発の定期便で使用する。

2023年度以降、NESTEがシンガポールの製油所で生産する、廃食油・動植物油脂を原料とした燃料を調達する。航空機・エンジンメーカーの定めるジェット燃料の国際規格であるASTM D1655、DEF STAN 91-091を満たしているという。

10月には、商業規模のSAFをNESTEから調達し、輸入・品質管理・空港への搬入に至るまでのサプライチェーンを NESTE、伊藤忠商事と共同で構築していた。調達したのは、東京〜ロンドン間をボーイング777-300ER型機で運航した場合、片道約60便相当の燃料。日本までの輸送を含めても、既存のジェット燃料と比較して、約90%の二酸化炭素排出量の削減効果が見込まれている。10月24日以降、東京/羽田・東京/成田発の定期便で使用する。日本発定期便でのSAFの使用は、日本の航空会社として初めて。

NESTEによるSAFの年間生産量は約10万トンで、2023年までにシンガポール、ロッテルダムの製油所の生産能力を増強し、年間150万トンの生産が可能となる予定だという。

    ニュース設定