「新聞を読む」と回答した10代は3人に1人 読まない人からは「読むのが面倒くさい、読む時間がない」という声も

12

2020年10月26日 19:10  キャリコネ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

日本財団は10月23日、「読む・書く」をテーマにした18歳意識調査の結果を発表した。調査は9〜10月にネット上で実施し、17〜19歳の男女1000人から回答を得た。

「読書が好き」(59.7%)という人は6割、「嫌い」(27.5%)は3割だった。1か月に読む冊数については「1、2冊」(44.8%)が最多。次いで、多かったのは「全く読まない」(32.7%)という回答だった。

よく読む本のジャンルは「小説」「漫画」「ライトノベル」


本を読む理由を聞くと、最多は「本が好きだから」(70.3%)で7割を超えた。本が好きではない人が本を読む理由としては「内容に関心がある」(56.5%)だった。

本を月に一冊以上読む人に、よく読むジャンルを聞くと、最多は「小説」(62.6%)だった。以降は「漫画」(49.9%)、「ライトノベル」(26.0%)、「趣味全般の教本」(16.2%)、「人文・思想」(14.0%)などと続いた。

他方、媒体については「紙」(67.6%)がトップ。回答者からは「手に紙として持って読む方が、読んでいる気になる」「ページをめくる感じが好き」といった声が寄せられた。「電子書籍」(5.9%)のみはわずかだったものの、4人に1人は「どちらも活用している」(26.4%)と答えている。

コロナ禍での読書量は、7割が「変わらない」(69.1%)と回答。「増えた」(24.9%)という人はそれほど多くなかった。

新聞で読んでいるページは「一面」「総合面」など

「新聞を読む」(32.7%)という人は3人に1人。一日のうちに新聞を読む時間は、最多で「5分以上10分未満」(44.3%)だった。以降は「5分未満」(32.7%)で、10分未満という人が合わせて7割を超えた。

読んでいるページについては「一面」(54.4%)、「総合面」(24.2%)、「政治」(18.7%)、「テレビ欄」(17.4%)が上位を占めた。

新聞を読む人の理由は「世の中のことを幅広く知れる」(50.8%)、「時事問題に詳しくなれる」(29.4%)など。一方、読まない人からは「読むのが面倒くさい、読む時間がない」(47.8%)、「他の媒体で十分だから」(20.2%)といった声が寄せられた。

文章を書くことについては「好き」(29.4%)、「嫌い」(27.7%)が各3割弱、「どちらでもない」(42.9%)という人が最多だった。

投稿すること、書くことの中で特に好きなものを聞くと、最多は「短文をSNSに投稿」(24.0%)だった。以降は「写真を使ってSNSに投稿する」(14.8%)、「手紙を書く」(12.9%)、「論文・レポートを書く」(7.0%)などと続いた。

このニュースに関するつぶやき

  • 昔、全国紙読み比べをやってたけど、読む価値無いモノばかりだったな。幾つかある真っ当なそれに対してのトンデモ比較材料としては生きてたが。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 本は若いときに読まないと。年取ると目がね〜って人が多いwww
    • イイネ!19
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(12件)

前日のランキングへ

ニュース設定