「日本沈没2020 劇場編集版」監督・湯浅政明があえて残した“違和感”などを明かす “超解説”副音声上映決定

0

2020年10月26日 19:22  アニメ!アニメ!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

アニメ!アニメ!

写真『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』“超解説 副音声上映決定(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners
『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』“超解説 副音声上映決定(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners
『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』(2020年11月13日ロードショー)の副音声上映が決定。副音声では、湯浅政明監督と音楽・牛尾憲輔が制作秘話を語り尽くしている。



『日本沈没2020』は、小松左京の小説『日本沈没』を原作とした初のアニメ化作品だ。
『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』『ピンポン THE ANIMATION』『DEVILMAN crybaby』などで知られる湯浅政明が監督を務め、2020年7月よりNetflixにて全10話が配信されており、本劇場版では配信版のストーリーを監督の手による編集で1本の映画作品として再構成された。



今回決定した『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』の“超解説 副音声上映”は、事前に音声アプリ「HELLO! MOVIE」をダウンロードしておくと、上映中にイヤホンを通して副音声を楽しめるというもの。

コメンテーターとして湯浅監督、音楽を務めた牛尾憲輔、ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記が参加。
劇場編集版で劇判曲数を約半分に絞った意図、オフィシャルに明かされていない各キャラクターのバックグラウンド、ストーリーの中に込められた伏線やあえて違和感を残した箇所、監督が最も描きたかったシーンなど、本編上映時間の151分にわたり、“ネタバレOK・なんでもあり”の制作秘話をノンストップで語り尽くしている。

『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』は11月13日ロードショー。“超解説 副音声上映”の詳細は公式サイトまで。

<以下、コメント全文掲載>
湯浅政明(監督)
色々喋れたので、副読本として聞いていただけるといいなと思います。なんでそうなっているのか、意味が分かる形になると思いますし、人によっては何十倍も楽しんでいただけるんじゃないかと。劇場でお待ちしてます。

牛尾憲輔(音楽)
初めて監督と一緒に全体を見通しながら話してみて、制作時には僕も気付かなかった監督のこだわりを知ることができたし、監督にも改めて音楽について聞いていただくことができました。副音声で3倍くらい面白く作品を楽しめると思います!

吉田尚記(ニッポン放送 アナウンサー)
収録を終えて、理解も倍に増えた分、湯浅監督と牛尾くんへの「この人達は何を考えているんだろう?」という謎も倍に増えました(笑)。アニメって普通に見ても面白いんですが、語って観ると、別の物としてもう一段階面白くなる。
特にこの作品については、格別に「もっと語ろうよ」っていう気持ちになりました!

(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定