元メジャー右腕・田澤純一は指名されず…今季はBCリーグ埼玉でプレー

9

2020年10月26日 20:44  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真エンゼルス時代の田澤純一
エンゼルス時代の田澤純一
◆ メジャーで388試合登板も来シーズンは35歳

 プロ野球のドラフト会議が26日、東京都内で開かれたが、メジャー通算388試合登板の実績を持ち、現在はBCリーグ・埼玉ヒートベアーズに所属する田澤純一投手(34)は指名されなかった。

 田澤は2008年に日本のドラフトを拒否して米球界入り。レッドソックスで中継ぎとして頭角を現すと、2013年には上原浩治らとともにワールドシリーズ制覇に貢献した。その後、マーリンズ、エンゼルスなどでプレー。メジャー通算388試合登板で、21勝26敗4セーブ、防御率4.12の成績を残した。

 今季もメジャーでのプレーを模索していたが、コロナ禍により米マイナーリーグが中止。その影響で7月に埼玉入りし、その後「ドラフト指名を拒否して海外球団と契約した選手は一定期間、NPB球団と契約できない」という、通称“田澤ルール”の撤廃が決まり、ドラフト指名が可能となっていた。

このニュースに関するつぶやき

  • 田澤純一に限って言えば、今回のドラフトの結果は妥当だと思ってしまった。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 34歳という年齢で、独立リーグで防御率3.94。この2つの数字の選手に、ドラフトで枠を用意する球団はさすがに無いわなぁ。NPBに入るなら、この際「外国人枠」っても有りぢゃね?。
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定