DeNAが明治大・入江大生投手を“得意技”の一本釣り!「右では一番いいピッチャー」

3

2020年10月26日 22:50  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真DeNAから1位指名を受け、笑顔でポーズをとる明大の入江大生投手=26日、東京都府中市
DeNAから1位指名を受け、笑顔でポーズをとる明大の入江大生投手=26日、東京都府中市
◆ 2位以降も狙い通り! 三原代表「大変満足」

 2020年のプロ野球ドラフト会議が26日に行われ、DeNAは明治大の右腕・入江大生投手を1位指名。競合はなく、単独指名で交渉権を獲得した。

 指名後、抽選になればクジ引きの大役を務めることになっていた吉田顧問兼代表補佐が取材に応じ、「抽選にならなくて良かった」と安堵の表情を見せた。指名した理由については「ウチのチーム事情として、故障中の東(克樹)くんや今永(昇太)くんなどが心配ななか、先発の即戦力投手として」と説明。ローテーションピッチャーとしての活躍に期待がかかるなか、「当然それだけの力はある」と太鼓判を押す。

 187センチの長身から繰り出されるMAX150キロを超えるストレートに加えて変化球も多彩、奪三振能力も高いとスカウトが評する入江は、これからまだまだ伸びしろを感じさせ、且つ即戦力としても期待できるとのこと。吉田顧問も「右では一番いいピッチャー。身長が高いので角度がある。ボールも速いし変化球のコントロールもいい」と評価する。

 また、「DeNAは発展途上のチームで若い人がいっぱいいる。明治OBも3人、木塚コーチもいるのでやり易いチームだと思う。待ってます!」とラブコールを送った。今年も競合を避け、得意の一本釣り。毎年のようにドラ1位投手が1年目から活躍しているだけに、入江もローテーションに入っていけるか期待したいところ。

 全体の指名終了後には、三原一晃球団代表が今回のドラフトを総括。大学屈指の右の強打者・牧秀悟(内野手/中央大)を2位で指名できたことについては、「ウチの補強ポイントに合致し、評価も高かった。2巡目で獲得できたのはラッキー。即戦力として期待している」と笑顔を見せた。

 その他、3位の松本隆之介(投手/横浜高)についても言及。「その前の順位の時に欲しかったが、(ウェーバーの)順番的に半ば位だったので、(他球団から)声がかかるな、かかるなと祈っていたら残っていた。幸運だった。高田君も左投手の上位にリストアップしていた選手だったので、獲得できて嬉しい」と満足気な表情を見せた。

 支配下は投手4名、野手2名で、大卒・社会人が3名、高校生が3名となり、総合的には「非常にスムーズでバランスの取れたドラフトになった。私自身大変満足しています」と高評価。ここから何人が一軍の舞台へと羽ばたいていくのか、いまから来シーズンが楽しみだ。

▼ DeNAの指名選手一覧
1位 入江大生(投/明治大)
2位 牧 秀悟(内/中央大)
3位 松本隆之介(投/横浜高)
4位 小深田大地(内/履正社高)
5位 池谷蒼大(投/ヤマハ)
6位 眦賃登(投/静岡商高)
<育成枠>
1位 石川達也(投/法政大)
2位 加藤 大(投/横浜隼人高)


取材・文=萩原孝弘(はぎわら・たかひろ)

このニュースに関するつぶやき

  • 牧くん獲ったってことは伊藤裕季也くんサードに回すんかな。しかしここの1位は読めん。日刊ですら外す、が、報知が当てた。 https://mixi.at/agy0fHz
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 若い背番号が割と埋まってるからなぁ。牧が7?入江は22かな?
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定