「最高に幸せ」「入ったら最後出られない」ママたちが語るコタツの魅力

5

2020年10月26日 23:31  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ


冬になると屋外は風が冷たく感じ、雪が吹きすさぶような地域もあるかもしれません。しかし家のなかでコタツに入れば、外の寒さもなんのその。コタツ布団にくるまってぬくぬくと暖まることもできますね。寒い時期はコタツがいちばん! と語るママたちがママスタコミュニティに集まっていました。
『コタツに入ってゴロゴロしながらテレビ観ている時間って最高に幸せ。コタツって暖まるのももちろんだけど、くつろぐこともできる贅沢品』
コタツは最高の幸せをもたらしてくれる存在……。その賛辞の言葉に同意するママたちからは、次々とコタツの素晴らしさを表現するコメントが飛び出しました。
『コタツでうたた寝が最高なんだよ!』
『コタツ、イコール幸せだわ(笑)』
『コタツがない冬の生活なんて考えられない。コタツで昼寝とか最高過ぎるわ』
『コタツ憧れるわ。なんかホッとできる家庭のイメージだわ』
実際に使っているご家庭では、コタツと共に過ごす暮らしをどう感じているのでしょうか。ママたちが語るコタツの魅力とは……?

入ったが最後出られない。人をとりこにするコタツ



会いたいけれど会ったが最後、離れたくても離れられない……。コタツを愛するママたちはその存在を「引力が半端ない」「天使で悪魔」などと表現しています。コタツを求めて揺れる心はまるで禁断の恋をしているかのよう!? 入ったら動けなくなるかもしれないと分かっていても、シーズンが冬になるたび会いたくなってしまうのがコタツの魅力なのですね。
『毎年、LDKに続いている和室にこたつを出してる。一気にリビングから人がいなくなるよね。そっちのテレビは大きくないし、ケーブルテレビも映らないのに。こたつの引力半端ない』
『こたつは入ったら最後。出られなくなる。こたつは天使で悪魔だわ』
『やっぱりコタツ出した方がいいんじゃないかと今心がすごく揺れている。ダメになるのはわかってる、でもそれでもいいから会いたい! と思わせるコタツ、なんて悪いやつだ』
『コタツは最高すぎて本当に人をダメにする。おかげでこないだコタツで朝を迎えてしまったよ……』

くつろげるのはわが家のコタツだけ?他の家では躊躇することも


しかし冬じゅうずっとコタツを置いているママからは、掃除が大変だという意見もありました。特によその家を訪ねたときには衛生面が気になってしまう場合もあるようです。確かにコタツ布団にシミがついていたり、細かいゴミにまみれていたりすると不安にもなりますよね。安心してくつろぐことができるのは、わが家のコタツならではなのかもしれません。
『コタツ大好き! 毎年出す! でも確かによそのお宅のは躊躇するよね。わかる。うちは「コタツ入って」とは絶対言わないかな』
『よその家のこたつに入るのはちょっとね……足の臭いとかこもってそうだよね』
『悪いけどなんだか不衛生に感じる。よそのお宅で「遠慮しないでコタツ入って!」って言われてもためらう』
『気持ちもわからなくもない。あの布団……ワンシーズンそのまんまよね。何かの汁とかついてそうだわ。掘りごたつなんかだと何かのカスとか落ちてそうだしね』
『わが家はコタツだけど、来客のときはコタツをしまってテーブルだけにする。入れた足の臭いが充満するから』

「衛生的」「オシャレ」がポイント。進化するコタツ



コタツの魅力は分かっているものの、家に置くことには踏み切れない人もいることでしょう。衛生面のほか、掃除が面倒、部屋のデザインに合わないのでは……などの心配があるようです。愛用しているママたちは「ぜひコタツがある暮らしを満喫して!」と、迷いを吹き飛ばすようなさまざまな情報を寄せてくれましたよ。
『見た目以上に気持ちいいよ〜。しかも! 今どきのコタツ布団は洗えるから大丈夫よ』
『コタツ最高だよ。昼寝の心地よさが素晴らしいよ。天気の良い日はコタツ布団干すよ』
『ちゃんとコタツ布団も晴れてる日は毎日干してるし、カバーも変えてるから不衛生にはしてない』
衛生面が気になるコタツ布団は丸洗いできるものが売られているそう。天気の良い日に布団を干すようにすれば、いっそうフカフカな感触を味わいながらコタツ生活を送ることができそうです。
『今って布団がいらないコタツもあるよね』
『布団ナシのコタツは良いと思う』
なんとコタツ布団がいらないコタツもあるそうです。布団のお手入れが不要になり、コタツ下の掃除も楽に済ませられそう。よりお手軽に暖かさが得られるので、布団付きのコタツは何となく面倒そうだと感じている人にもいいですね。
『今は、オシャレなデザインのコタツもあるしね』
『あ、うち2週間前に出したよー。最近寒いからぬくぬく。幸せ。今はオシャレなコタツばかりよー』
昔はコタツといえば、畳の敷かれた和室に置かれているものというイメージがあったかもしれません。ただデザインは今や進化し、洋室の雰囲気に合うスタイリッシュなコタツもあるそう。たとえ家に和室がなくても、リビングや居室のイメージに合わせて探すことができそうです。

コタツ布団にくるまってぬくぬくとお昼寝をしたり、休日に家族でテレビを見ながらのんびりくつろいだり……。ママたちが語るイメージから幸せな光景が思い浮かんで、思わず冬のコタツが恋しくなってしまった人もいるのでは? 実際に買おうか迷っているママは、ぜひ寄せられた情報を参考にしながら検討してみてくださいね。どうぞコタツの暖かさに身も心もとろける最高の冬をお過ごしくださいませ!

文・井伊テレ子 編集・山内ウェンディ

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 寒い季節の私の巣。今年もそろそろ出そうかなー
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • コタツなんかあったら誰も動かなくなるのでうちはコタツ買うのすら禁止w 夜布団に入ってYouTube見るのが楽しみw
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定