苫小牧発のフェリーにくじらが乗ってきた? レーダーに映らなかった謎を直撃

0

2020年10月27日 08:41  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(写真提供:太平洋フェリー)
(写真提供:太平洋フェリー)

苫小牧港を21日19時に出港し、15時間かけて仙台港を目指していた太平洋フェリー所属の「いしかり」。そのフェリーが仙台港に着岸しようとしたとき、驚きの光景を港にいた社員が目撃した。いったい何があったのか。しらべぇ取材班は、太平洋フェリーの担当者を直撃した。

画像をもっと見る

■船体の前方に黒いものが

定員777名のフェリー「いしかり」は、その日約240名の乗客と乗用車・貨物を約300台乗せて航行していた。翌日の午前10時ごろに仙台港に入港中に、陸上の船首側で待機していた社員2名が、船体の前方に黒いものを発見。着岸作業中に「クジラではないか」と目視で確認したという。

10/22仙台港に定刻で入港した「いしかり」から送られた画像です(1枚目)。

着岸直前に陸上社員からバルバスバウに鯨が乗ってないか?との事で確認すると…直ぐに関係官庁・専門機関にご報告をし、体長12mを超える「シロナガスクジラ」だと判明。

滅多にない出来事で乗組員も驚いています。 pic.twitter.com/c0jUFGxwz1

— 太平洋フェリー (@taiheiyoferry) October 24, 2020

古くは戦艦大和の時代から、波の抵抗を減らすために前方に設置されているバルバスバウのくぼみにクジラが乗っていた。入港後本社から港湾事務局・水産庁等へ報告。その後、潜水士を手配し、2人で縄をかけタグボートで船体から引き離したという。

関連記事:中井友望、彼女感溢れるデジタル写真集で魅了 「見てもらえることがすごく楽しみ」

■すでに死んでいたニタリクジラと判明

調査の結果、これは「ニタリクジラ」と判明。くぼみに乗る前にすでに死んでおり、死後1週間ほど経っていると推定された。通常、海面にいるものは、レーダーに映るが、今回は映らなかった。

その理由について、「おそらく海中に沈んでいたか、海面に出ている部分が少なかったと思われる」と担当者は話す。クジラに衝突した場合、衝撃を感じるケースもあるそうだが、今回はまったく衝撃がなかったという。

■創立50周年を迎えた太平洋フェリー

太平洋フェリーは20日に創立50周年を迎えたが、初めてのできごとに大変驚いているそうだ。現在、「いしかり」、「きそ」、「きたかみ」といった3隻を擁し、苫小牧ー仙台間を1日1往復、仙台ー名古屋間を隔日運行中だ。

仙台ー苫小牧間の基本料金は9,000円〜で、早割を使えば最大半額オフで快適な旅を楽しめる。船内には展望大浴場があり、水平線から登る朝陽や雄大な太平洋といった絶景を堪能できる。また食べ放題の豪華バイキングやシアターラウンジも大好評だ。

■ファンに支持され続けるフェリー

また、太平洋フェリーはファン投票で決まる「フェリー・オブ・ザ・イヤー」を28年連続受賞中。担当者は、「これからも安全で快適な船旅をご提供し続けられるよう、スタッフ一同さらなるサービスの向上に努めてまいります」と述べた。

・合わせて読みたい→終戦の日に考えたい世界平和 現状に核戦争の危機を感じる人も

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

    ニュース設定